BPグランプリ近畿南予選 高田さんと道余さん出場

 自動車の車体整備技術大会の最高峰「BPグランプリ2016」の2次予選となる近畿南ブロック大会(12日、大阪)に、御坊市島のボディーショップオガワ(小川貴史代表)の高田昇一さん(37)=みなべ町=が塗装部門、道余邦啓さん(36)=美浜町=が鈑金部門でそれぞれ出場する。互いにプロの技術者として尊敬、信頼を寄せている2人は、「そろって決勝大会出場を目指したい」と迫る本番へ張り切っている。
 日本自動車車体整備協同組合連合会等が主催して毎年開催されている。BPは、ボディー&ペイントの略。1次予選は全国で1270人が参加。学科と実技があり、高田さんと道余さんは見事に突破し、両部門とも10人しか参加できない近畿南ブロックへの出場を決めた。
 同社で塗装部門を担当している高田さんは、この道9年目。2度目の出場となる近畿南予選では、1時間20分の制限時間内に、与えられた課題色の塗装を実際に吹き付ける技術を競う。課題色はシルバーと発表されているが、「同じものは1台もない」といわれるように、車種や年数、日焼け具合、普段駐車している環境、乗り方などによって微妙に違い、その場で見て色の調合をする必要がある。高田さんは「色合わせが難しいですが、腕の見せどころでもあります。日ごろ培った技術を発揮して決勝大会に進みたい」と意気込む。
 同社で鈑金部門を担当している道余さんは12年目。近畿南予選は初めての出場となる。本番では、制限時間1時間半の間に、フェンダーパネルのカーブの部分のへこみ、線状のキズを修理するという、難易度の高い課題が与えられている。へこみはハンマーでたたくなどして元に戻し、線状のキズはパテ処理するなど、いずれも力加減や繊細な技術が求められる。道余さんは「カーブのへこみは難しいですが、仕事で磨いた技術で、決勝大会に進出できるように精いっぱい努力したい」と話している。
 両部門とも大阪、奈良、和歌山の10人が参加。和歌山からは塗装部門で高田さんだけ、鈑金部門は道余さんら2人が出場している。1位のみが10月29・30日に千葉県の幕張メッセで開催される決勝大会への出場権を獲得する。
 小川代表は「2人ともとにかく真面目で努力家、コツコツと仕事をしてくれています。オープン15年目に2人そろって近畿南大会に出場できてうれしい。これもお客さまのおかげで、日々、たくさんの車に携わらせていただいているからこそと感謝しています。そろって決勝大会進出を目指して頑張ってほしい」とエールを送っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る