BPグランプリ近畿南予選 高田さんと道余さん出場

 自動車の車体整備技術大会の最高峰「BPグランプリ2016」の2次予選となる近畿南ブロック大会(12日、大阪)に、御坊市島のボディーショップオガワ(小川貴史代表)の高田昇一さん(37)=みなべ町=が塗装部門、道余邦啓さん(36)=美浜町=が鈑金部門でそれぞれ出場する。互いにプロの技術者として尊敬、信頼を寄せている2人は、「そろって決勝大会出場を目指したい」と迫る本番へ張り切っている。
 日本自動車車体整備協同組合連合会等が主催して毎年開催されている。BPは、ボディー&ペイントの略。1次予選は全国で1270人が参加。学科と実技があり、高田さんと道余さんは見事に突破し、両部門とも10人しか参加できない近畿南ブロックへの出場を決めた。
 同社で塗装部門を担当している高田さんは、この道9年目。2度目の出場となる近畿南予選では、1時間20分の制限時間内に、与えられた課題色の塗装を実際に吹き付ける技術を競う。課題色はシルバーと発表されているが、「同じものは1台もない」といわれるように、車種や年数、日焼け具合、普段駐車している環境、乗り方などによって微妙に違い、その場で見て色の調合をする必要がある。高田さんは「色合わせが難しいですが、腕の見せどころでもあります。日ごろ培った技術を発揮して決勝大会に進みたい」と意気込む。
 同社で鈑金部門を担当している道余さんは12年目。近畿南予選は初めての出場となる。本番では、制限時間1時間半の間に、フェンダーパネルのカーブの部分のへこみ、線状のキズを修理するという、難易度の高い課題が与えられている。へこみはハンマーでたたくなどして元に戻し、線状のキズはパテ処理するなど、いずれも力加減や繊細な技術が求められる。道余さんは「カーブのへこみは難しいですが、仕事で磨いた技術で、決勝大会に進出できるように精いっぱい努力したい」と話している。
 両部門とも大阪、奈良、和歌山の10人が参加。和歌山からは塗装部門で高田さんだけ、鈑金部門は道余さんら2人が出場している。1位のみが10月29・30日に千葉県の幕張メッセで開催される決勝大会への出場権を獲得する。
 小川代表は「2人ともとにかく真面目で努力家、コツコツと仕事をしてくれています。オープン15年目に2人そろって近畿南大会に出場できてうれしい。これもお客さまのおかげで、日々、たくさんの車に携わらせていただいているからこそと感謝しています。そろって決勝大会進出を目指して頑張ってほしい」とエールを送っている。

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る