南部ロイヤルホテル 高校生考案の新メニュー

 2月に開催された高校生の梅料理コンテスト「第1回UME―1グルメ甲子園in梅の里みなべ」でグランプリを獲得した福知山淑徳高校チームの「ウメェ~担丹麺」が、6月6日の梅の日からみなべ町山内の紀州南部ロイヤルホテルで販売されることが決まった。期間は8月31日までの約3カ月間で、価格は1200円。同ホテルでは「高校生が考えた梅料理をぜひ味わってほしい」と話している。
 UME―1グルメ甲子園は南高梅誕生50周年記念事業として開催され、高校生を対象に参加チームを募集。県内外から16チームの応募があり、書類選考で絞られた10チームが2月21日にうめ振興館で行われたコンテストに出場。おいしさや独創性などを競った。
 グランプリに輝いた福知山淑徳の創作料理「ウメェ~担丹麺」はチームのメンバーが3カ月間にわたって試行錯誤しながら作り上げた一品。担々麺に使われるゴマが梅干しと合うことに着目し、地鶏「京地どり」の鶏がらで取ったスープに梅酢や梅肉を加えた。地元の製麺所に依頼して担々麺に合う麺を使用した。
 審査員からは「辛さと梅の酸っぱさがよく合う」などと高い評価を受け、コンテストの審査委員長を務めていた紀州南部ロイヤルホテルの西原次男料理長は講評で、「ホテルのメニューとして採用します」と話していた。
 「梅の日」の6日から同ホテル2階の中国レストラン「蘇州」のメニューに登場し、価格は1200円(税込み)。福知山淑徳高校の藤原竹志教諭(32)は「生徒たちが考案したレシピがホテルで提供されることになり、とても光栄」などと話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る