御坊に舞妃蓮の郷・蓮公園完成

 御坊市の北吉田区住民有志でつくる北吉田・蓮保存会(佐竹成公会長)が、同地内の舞妃蓮池で進めていた公園整備が完成した。昨年末に出来上がっていた東屋と桟橋の周辺には遊歩道を設け、モミジなどの植栽、竹で作った柵など純和風な仕上がり。「舞妃蓮の郷・蓮公園」と名付けられ、普段はゆったりと蓮を観賞できる憩いの場、東屋は舞踊などの舞台としても使用でき、文化発信の拠点としても活用していく。
 場所は北吉田の八幡神社近くに昨年整備したハス池。吉田出身でハスを研究した故阪本祐二氏の長男で同会顧問の尚生さん宅の舞妃蓮を分根している。佐竹さんら有志メンバーが、住民が美しい蓮をゆっくりと観賞できる憩いの場、さらに御坊ではあまり触れる機会のない伝統芸能に親しめる場を作りたいと東屋と公園整備を計画。昨年秋に着工し、年末には750平方㍍の池の中央に床面積7㍍四方の舞台を備えた東屋と桟橋を完成させていた。
 その後は周辺整備を進め、普段は散歩できるように池の周りを遊歩道にし、一部には芝生を敷き、周りにはさまざまな種類の木を植栽。ハスのシーズンだけでなく、秋には紅葉を楽しめるモミジなどを植え、花壇や竹で作った手すり、柵なども日本庭園の趣を演出している。
 東屋にはベンチを置き、日本舞踊や能など芸能発表の舞台にもなるよう、床には角材を敷いて頑丈に仕上げている。ヒノキで作ったベンチを28台作っており、イベント時には遊歩道に置いて観覧席として利用。また、土日曜日の午後6時から8時までは、遊歩道沿いの照明と東屋を映し出すライトを点灯することにしている。
 現在は東屋の仕上げのペンキを塗っており、今週末までに完成させてオープンする。佐竹会長は「今週末には舞妃蓮も咲き始めそうなので、それまでに間に合わせたい。遊歩道はすでに散歩道として使っていただいています。昼でも夜でも気軽に足を運んでもらい、将来的には年間を通じて定期的に芸能に触れてもらうイベントが開催できるよう、これから検討していきたいと思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る