心まで軽くなる「足育」

 徒歩で移動することはあまりなく、靴のこともろくに考えないような毎日だったが、先日「足育ことはじめ」を取材。目からうろこが落ちる思いをした
日本人と靴とのつきあいは欧米に比べごく短い。足のサイズを正しく測って自分に合った靴を持つのが当然という西洋とは違い、日本では靴に自分の足を合わせるのが当たり前である。多少合わない靴でも「はいていれば馴染んでくる」と、さほど気にしない。しかしこれが体には多大なストレスで、7割もの女性が足のトラブルに悩まされているという
セミナーでは、人間の足の構造から丁寧に解説。足の骨格は本来きれいなアーチ状で、何らかの原因で崩れたり変形したりすると体に変調を来たす。きつい靴で指が締め付けられて縮こまってもいろんなトラブルの原因になるし、大きすぎると脱げないよう変な力の入れ方をするため腰痛などの原因になる。自分に本当に合った靴をはけば歩く姿勢がよくなり、足が軽く、歩くことが苦にならなくなる。靴を正しくはいただけで体脂肪が減ったというデータもあった
「子どもの靴を選ぶ時は、中敷を出して足を乗せてみる」「子どもがよくやるペタンコ座り、いわゆるアヒル座りは成長に悪影響」「爪先トントンではなく、かかとトントンで爪先に余裕を」「かかとを上げるパンプスは正常な姿勢ではない。はくなら短時間に」…幾つものうろこが目から落ちた2時間。「歩くことが楽しくなると、楽しい時間が増えていく」。歩き方のワークショップでいわれた言葉が印象に残った
自分の足で移動することはすべての行動の基本。これが楽しければ確かに行動すること自体が楽しく、何事にもフットワークが軽くなるに違いない。心まで軽くなりそうだ。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る