心まで軽くなる「足育」

 徒歩で移動することはあまりなく、靴のこともろくに考えないような毎日だったが、先日「足育ことはじめ」を取材。目からうろこが落ちる思いをした
日本人と靴とのつきあいは欧米に比べごく短い。足のサイズを正しく測って自分に合った靴を持つのが当然という西洋とは違い、日本では靴に自分の足を合わせるのが当たり前である。多少合わない靴でも「はいていれば馴染んでくる」と、さほど気にしない。しかしこれが体には多大なストレスで、7割もの女性が足のトラブルに悩まされているという
セミナーでは、人間の足の構造から丁寧に解説。足の骨格は本来きれいなアーチ状で、何らかの原因で崩れたり変形したりすると体に変調を来たす。きつい靴で指が締め付けられて縮こまってもいろんなトラブルの原因になるし、大きすぎると脱げないよう変な力の入れ方をするため腰痛などの原因になる。自分に本当に合った靴をはけば歩く姿勢がよくなり、足が軽く、歩くことが苦にならなくなる。靴を正しくはいただけで体脂肪が減ったというデータもあった
「子どもの靴を選ぶ時は、中敷を出して足を乗せてみる」「子どもがよくやるペタンコ座り、いわゆるアヒル座りは成長に悪影響」「爪先トントンではなく、かかとトントンで爪先に余裕を」「かかとを上げるパンプスは正常な姿勢ではない。はくなら短時間に」…幾つものうろこが目から落ちた2時間。「歩くことが楽しくなると、楽しい時間が増えていく」。歩き方のワークショップでいわれた言葉が印象に残った
自分の足で移動することはすべての行動の基本。これが楽しければ確かに行動すること自体が楽しく、何事にもフットワークが軽くなるに違いない。心まで軽くなりそうだ。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅はとっても体にいいんだよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る