平和は何で守られるのか

 恐怖の論理から抜け出し、核なき世界を追求する勇気を持たねばならない――。オバマ大統領が広島の平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花し、長崎も含む原爆犠牲者を追悼するスピーチを行った。原爆ドームをバックに、被爆者と抱き合う姿が印象的だった。
 核兵器は敵国を一瞬で消してしまうほどの破壊力があり、先に攻撃を仕掛ければ、反撃され相手以上のダメージを受けるという恐怖が抑止力として作用する。保有国のトップは最終的に何を守るのか、それぞれ思惑が違えど、力で自国の平和を守るという理屈は同じである。
 日本は戦後、GHQに与えられた憲法をこれまで一度も改正することなく、米国の核の傘に守られ、ひたすら「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」しているうち、核武装した周辺国に領土を奪われる危機に直面。いまこそ、平和をいかにして守るかが問われている。
 東京大空襲で一晩に10万人以上、広島と長崎への原爆ではその年のうちにそれぞれ14万、9万の市民が犠牲となった。すでに死に体の日本に対し、アメリカのこの悪逆非道の根底には、国益以上の差別感情があったと思わざるを得ない。
 あれから71年。アメリカ国民の原爆投下を正当化する考えは依然根強いものの、ここにきて、若年層では原爆投下は間違いだったとの考えが半数を超えたという。長い時間の流れとともに、凄まじい総力戦を戦った両国民の意識は少しずつ確実に変化している。
 現実をみれば、核なき世界の実現は難しい。が、世界一の力を持つ国のトップとして、広島の地で理想に向かう決意を示した意義は小さくない。化学兵器や対人地雷と同様、大統領が自らなくす意志を示すことから千里の道が始まる。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る