平和は何で守られるのか

 恐怖の論理から抜け出し、核なき世界を追求する勇気を持たねばならない――。オバマ大統領が広島の平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花し、長崎も含む原爆犠牲者を追悼するスピーチを行った。原爆ドームをバックに、被爆者と抱き合う姿が印象的だった。
 核兵器は敵国を一瞬で消してしまうほどの破壊力があり、先に攻撃を仕掛ければ、反撃され相手以上のダメージを受けるという恐怖が抑止力として作用する。保有国のトップは最終的に何を守るのか、それぞれ思惑が違えど、力で自国の平和を守るという理屈は同じである。
 日本は戦後、GHQに与えられた憲法をこれまで一度も改正することなく、米国の核の傘に守られ、ひたすら「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」しているうち、核武装した周辺国に領土を奪われる危機に直面。いまこそ、平和をいかにして守るかが問われている。
 東京大空襲で一晩に10万人以上、広島と長崎への原爆ではその年のうちにそれぞれ14万、9万の市民が犠牲となった。すでに死に体の日本に対し、アメリカのこの悪逆非道の根底には、国益以上の差別感情があったと思わざるを得ない。
 あれから71年。アメリカ国民の原爆投下を正当化する考えは依然根強いものの、ここにきて、若年層では原爆投下は間違いだったとの考えが半数を超えたという。長い時間の流れとともに、凄まじい総力戦を戦った両国民の意識は少しずつ確実に変化している。
 現実をみれば、核なき世界の実現は難しい。が、世界一の力を持つ国のトップとして、広島の地で理想に向かう決意を示した意義は小さくない。化学兵器や対人地雷と同様、大統領が自らなくす意志を示すことから千里の道が始まる。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る