御坊発の障害者アートレンタルが好評

 御坊市を拠点に活動しているNPO法人ワークス・アールブリュット推進協議会(玉置徹代表)が、障害のある人が描いた芸術作品を「わわわアールブリュット」のオリジナルブランドとして販売・レンタルしている取り組みが、全国的に注目を集めている。作品は大手企業が自社ブランド製品のデザインに採用するなどアートとして高く評価されており、御坊発の新しい取り組みが全国に広がっている。
 アールブリュットはフランス語で「生の芸術」と訳され、日本では障害のある人らが描いた絵などの芸術作品として広まっている。
 玉置代表は御坊市薗の御坊・日高障害者相談センターの多目的ホールを借りて、障害児者を対象に絵を描く「あーとの教室」を平成25年からスタート。アパレルメーカーからTシャツの無償提供を受け、世界に一枚だけの手書きTシャツの販売等にも取り組んできた。
 現在行っているのは、描いた絵の販売やレンタル事業。「和(わ)歌山からワ(わ)ールドにつながる輪(わ)」の思いを込めて、「わわわアールブリュット」としてブランド化し、全国の企業や個人へPRを展開。これまで大阪や東京、フランスでも展示販売会を開催するなど精力的に活動し、昨年1月には全国のファッション、福祉、医療関係者らでNPO法人を発足させた。
 地道な活動は、「社会貢献+アート」として企業や個人にも広がりをみせ、受付等にインテリアとして飾るために1カ月単位でレンタルする企業が増え、日高地方でも取り入れる事業所が出てきている。一部上場企業やレディースファッションメーカーが製品のデザインに採用する動きも出ており、今後ますます広がっていく取り組みとして注目度が高まっている。
 同協議会は作品1点1点に品番を付け、作者と著作権契約をしているのも大きな特徴。販売やレンタル等での収益金は作者に還元しており、創作意欲の向上や生きる喜びにつながっている。作者からは「生まれていままで人に自慢したことなかったけど、絵を自慢していいかなあ」、保護者からも「私の育て方間違ってなかったんですね」などの声が聞かれているという。
 玉置代表は「収益を作者に還元する仕組みは全国的にもほとんど例がない取り組みとして注目していただいています。私たちの活動がもっともっと多くの人に知ってもらえるよう、これからも地道に活動していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る