南高梅の出荷価格 序盤はまずまず

 先月末から収穫が始まっている梅の主力品種、南高梅の序盤の出荷価格は、前年同期より1箱(10㌔)当たり500円程度の高値で推移している。JA紀州などの生産関係者らは、「縁起がいいと言われる申年の梅を前面にアピールしている効果が出ているのではないか」と分析。今後も値崩れせず、高値で推移することが期待される。
 南高梅の出荷受け付けは先月25日から始まり、順調な滑り出し。主産地のみなべ町と印南産の価格でみると、前年同期よりも高値で取り引きされ、4Lサイズの秀品では1箱6480円(29日現在)で、前年同期の5940円と比べて500円ほど高い。
 要因としては、「申年の梅」ということが影響しているとみられる。平安時代の村上天皇が流行していた疫病にかかり、申年の梅干しと昆布を入れた茶で病を治したといういわれと、「病が去る」「難が去る」という語呂合わせで縁起を担いでいる。先月6日に田辺市で開かれた生産者関係者と市場関係者の販売会議ではことしのテーマに「申年の梅を漬けよう」を掲げ、各団体がPR活動を展開。同JAの担当は「ことしは出荷量もまずまずで、品質もいい。このまま終盤まで、値崩れせずに高値を維持してくれれば」と期待していた。
 収穫のピークは例年より若干早い10日前後になるのではないかとみられる。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年もドーン!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る