煙樹海岸は上空にご用心!

 先月10日から16日までの1週間は愛鳥週間だったが、本紙でも日高町志賀の木工所内で23個もの巣をつくったツバメを追い払うことなく、優しく見守る人がいるのは既報の通りで、心が和まされる。ところが、中にはゴミ袋を散らかしたり、ふんを巻き散らかしたりする迷惑な鳥もおり、いくら動物愛護の精神と言っても複雑な心境の人もいるだろう。
 先日、テレビでタレントの光浦靖子さんがデートする企画があり、手作りのおにぎりを食べていたところ、トンビがそれを狙って大暴れ。悲惨な様子ながらもお笑い番組なので、「本当にこんなことがあるんだな~」とちょっと笑いながら見ていたが、後日、筆者の身近なところでも同じ悲劇が…。あれは煙樹海岸で妻と一緒にパンを食べていた時。背後から突然、何か茶色のものが「バッサー」とやってきたかと思ったら、妻の手にしていたパンが消滅。上空を見上げるとトンビがパンをわしづかみにし、滑空しながら器用に食べていた。妻はひとかじりしかしていないパンを奪われ怒り心頭だったが、幸い引っかかれるなどのけがもなかったので「光浦と同じや」とちょっとした笑い話に。しばらく観察して試しに別のパンのかけらを投げてみると、トンビだけでなくカラスも来てパクリ。近い距離でもほぼ警戒することなく、かなり人に慣れていると感じた。
 まもなく夏真っ盛り、煙樹海岸には多くのキャンプ客が来るが、もし子どもが同じようにトンビやカラスの〝襲撃〟を受けると、大きなけがをするかもしれない。かと言ってむやみやたらに駆除もできないという難しさ。とりあえず煙樹海岸で何か食べる時は上空にご注意を (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る