アツくなりすぎに注意

 西牟婁地方バスケットボール協会の春季リーグ戦が23日、田辺市内の中学校体育館で開幕した。日高地方のメンバーでチームをつくり参戦している。チームは昨年の秋季で2部に降格。この春季は4チームの総当たりで1位になると、1部最下位との入れ替え戦に臨める。初戦は25日に新庄中であり、48―49の1点差で惜敗。早くも1部昇格に黄色信号がともった。
 リーグ戦には15年ほど前から参加している。一時は優勝争いを演じるほどだったが今は前述の通り。巻き返しへメンバー全員で奮起したい。チームは以前と比べて若手が新たに加入し、個人的には昔から変わらず一番の下手を自負。他のチームを見ても若く上手な選手が多いが、なかには純粋にアツくスポーツを楽しむ年長者もおり、負けずに頑張りたいと思う。
 話は変わるが、小学校で春の運動会シーズンが到来。先日、母校であり、2年生の甥っ子が通う学校に行ってきた。当時と比べて鼓笛演奏、騎馬戦、組体操がなくなり、プログラムは保護者が参加する演技が多くなった印象。同級生が張るテントのなか、「年をとるとしんどいな」という不安をよそに、35歳独身、「それより出場できるんかい」と言われて盛り上がった。
 さて、ここ最近ほとんどの地域で、梅雨入りも発表されていないのに、真夏のように暑い日が続き、熱中症が発生している。日高地方でも患者の病院搬送があった。気象庁の6~8月の3カ月予報によると全国的に気温が高く、夏前半は降水量も多く蒸し暑くなる見通し。バスケットボールや運動会のスポーツだけでなく、こまめに水分をとるなど、普段から熱中症に十分な注意を。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る