地元企業の活躍を認識しよう

 ㈱マイナビは2017年卒業予定の学生を対象にした大学生Uターン・地元就職に関する調査結果を発表した。地元の大学に進学した学生の75・7%が地元就職を希望となり、地元以外の大学に進学した学生の37・8%に比べて約2倍であることが分かった。地元外大学生の地元への就職の障害となっている理由としては、就職活動中の地元までの交通費や時間などのほか、地元企業の数が少ないという点などが挙げられていた。
 これにより大学進学時に地元の学校を選ぶか、県外を選ぶかが卒業後に地元に戻るかどうかの分かれ道になっていることが分かる。残念なことに和歌山では平成26年度の県内の高校から県外の大学へ進学した学生の割合が86・3%で全国一とのこと。また大学卒業後県内に戻ってくる若者の割合はわずか3割程度で、このことが人口減少や地域の活力低下にも影響しているという。
 文科省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定された日高高校では、生徒たちに世界で活躍している「地元企業の学習」を取り入れる。同校の卒業生も他府県へ進学した後、地元へ戻ってくる生徒が少ない。同校の上田優人校長によると、以前生徒と企業の交流を行った際、海外に拠点を置いていたり、世界を相手に取り引きしている地元企業の存在に、生徒たちが驚いていたという。
 地元にも世界規模で活躍し将来性のある企業はたくさんある。そのことを学生が認識し、地元でも自身の能力を発揮できる場所があることを知ることで、卒業後に地元へ戻ってくる学生の増加につながるかもしれない。同校の取り組みに期待するとともに、本紙でも地元企業の活躍を取り上げていきたい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか前に進まへん…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る