地域に安心届ける移動販売

 筆者の実家は山間部にあり、交通が不便な地域に住んでいた。少年時代を振り返ると、父親は仕事に出かけ、母親は車の免許を持っていなかったため日常生活で困るのが買い物だった。しかし、毎日、海岸の地域から食料品を積み込んだ軽トラックが決まった時間に訪れていた。その軽トラックが止まると、近くの住民たちがぞろぞろと集まってくる光景を思い出す
いまでもこうしたシステムは地域によっては存在しているが、JA紀州も移動販売に取り組み、今月20日からはみなべ町の高城、清川地区でも開始された。昨年9月からは日高町、由良町、美浜町で実施、10月からは御坊市、日高川町で始まり、今回は3地域目となる。高齢化に伴う買い物弱者に対応し、契約を結んでいる家庭に商品を届けるという内容。買い物だけでなく、高齢者が困っていることも手助けし、重い荷物の移動や電球の交換なども引き受けるという。高齢者の見守りも兼ねおり、出発式ではJA紀州の久保秀夫組合長が「販売先では声かけのサービスも行っていきたい」と話した
筆者の実家の地域に訪れていた移動販売では、集まった住民同士が「○○さんの娘さんが結婚したそうだ」、「○○さんが風邪を引いて寝込んでいるようだ」などというような会話が毎日交わされていた。そこにはコミュニティーの場が形成され、身近な情報を収集する場でもあった
都会では近所にどんな人が住んでいるか分からないという時代だが、田舎は人と人のつながりを深めやすい環境がある。移動販売は買い物弱者の救済だけにとどまらない。人と決まった時間に定期的に会うことが日常化されれば、防犯、防災など広範囲にわたって大きなメリットが生じる。地域に安心が届けられることだろう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る