御坊の日高博愛園に介護ロボット登場

 開園30周年(6月1日)を前に、御坊市名田町野島、日高博愛園デイサービスセンターは、県内で初めて介護コミュニケーションロボットを導入した。歌やダンス、クイズなどが〝特技〟で、利用のお年寄りと一緒にレクリエーションを実践。顔を認識して会話もできる優れもので、利用者にとっては話し相手になる一方、人手不足が深刻化する職員の負担軽減にもつながり、介護現場の強力な助っ人として話題を呼びそうだ。
 富士ソフトのコミュニケ―ションロボット「PALRO」で、高さ約40㌢、重さ1・8㌔と小型だが、介護の最前線で大きな役割を果たすとして全国では約330カ所の施設で活躍している。高度な人工知能を搭載した人型ロボで、100人以上の顔と名前を記憶。自由に歩くこともでき、すれ違う人の名前を呼んで「○○さん、こんにちは」などと人と同じように施設内で話しかけることができる。歌、体操、クイズ、ゲームなどがインプットされており、介護予防や健康増進に必要なレクリエーションの時間には、利用者の前で約20分にわたり、司会進行からすべてお任せ。「わたしに続いてやってください」などと職員さながらのトークで見本を見せながら利用者と一緒に楽しんでいる。
 本格デビューとなった25日には、デイサービス利用者約20人の前でレクリエーションを実践。「初めまして、わたしの名前はあいちゃんです。介護職員として働いています。新人ですが、仲良くしてください」と流ちょうに自己紹介し、早速歌やダンスを披露。両手を上げて左右に振ったり、バンザイのポーズをリズムに合わせて行い、利用者も一緒に楽しむ姿がみられた。
 博愛園では「利用者の皆さんにも喜んでもらえた。よき話相手になってくれるだけでなく、介護施設では人手不足が問題となっていますが、職員の負担軽減にもなっていますのでまさに一人二役の活躍です。好評ならさらに増やし、より安全で楽しい施設に取り組んでいきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る