弓道の美しさは心の美しさ

 本紙の企画コーナー「うちのおじいちゃんおばあちゃん」の取材で、弓道家の佐竹節夫さん、万里子さん夫妻にお話を聴いた。1時間近く話して下さり、大変勉強になった
「的に当てることは(弓道の)目的ではない」という。今すぐに矢を的中させる技術を身につけるより、遥か先になったとしても、本当の意味で美しく射ることができる境地を目指して基本から鍛錬する。心が磨かれると、恐れがなくなる。「禅の世界に近いかもしれない」という
取材のあと、有吉佐和子の東京五輪女子バレーに関する文を読むために以前買った「彼らの奇蹟 傑作スポーツアンソロジー」(玉木正之編、新潮社)に弓道のことが書いてあったのを思い出し、読んでみた。その中にあった、ドイツの哲学者E・ヘリゲル著「日本の弓術」。大正から昭和にかけて日本に滞在し、武道を体得したいと努力するヘリゲルは、弓術の師について学び、わらの束を的代わりに4年間も練習。ようやく的を射ることを許される。60㍍先の的に向かって立ち、当てるために弓をどう持てばいいか尋ねると、師の答えは「的のことも、中(あ)てることも、その他どんなことも考えてはならない。弓を引いて、矢が離れるまで待っていなさい」だった
弓の道は奥深い。真にその道を究めるためには、余分な時間はないという。世間的なことに気を配らねばならない日常生活とは、次元が違うようである。それは人の心が目指すべき、理想の状態なのかもしれない
そんな境地を語る節夫さんから、そうは言ってもやはり「花を見れば美しいと思うし、孫を見ればかわいいと思う」との言葉が出て、心が和んだ。2人のお孫さんはその言葉を納得させるように、元気いっぱいの無邪気な笑顔を見せてくれた。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る