弓道の美しさは心の美しさ

 本紙の企画コーナー「うちのおじいちゃんおばあちゃん」の取材で、弓道家の佐竹節夫さん、万里子さん夫妻にお話を聴いた。1時間近く話して下さり、大変勉強になった
「的に当てることは(弓道の)目的ではない」という。今すぐに矢を的中させる技術を身につけるより、遥か先になったとしても、本当の意味で美しく射ることができる境地を目指して基本から鍛錬する。心が磨かれると、恐れがなくなる。「禅の世界に近いかもしれない」という
取材のあと、有吉佐和子の東京五輪女子バレーに関する文を読むために以前買った「彼らの奇蹟 傑作スポーツアンソロジー」(玉木正之編、新潮社)に弓道のことが書いてあったのを思い出し、読んでみた。その中にあった、ドイツの哲学者E・ヘリゲル著「日本の弓術」。大正から昭和にかけて日本に滞在し、武道を体得したいと努力するヘリゲルは、弓術の師について学び、わらの束を的代わりに4年間も練習。ようやく的を射ることを許される。60㍍先の的に向かって立ち、当てるために弓をどう持てばいいか尋ねると、師の答えは「的のことも、中(あ)てることも、その他どんなことも考えてはならない。弓を引いて、矢が離れるまで待っていなさい」だった
弓の道は奥深い。真にその道を究めるためには、余分な時間はないという。世間的なことに気を配らねばならない日常生活とは、次元が違うようである。それは人の心が目指すべき、理想の状態なのかもしれない
そんな境地を語る節夫さんから、そうは言ってもやはり「花を見れば美しいと思うし、孫を見ればかわいいと思う」との言葉が出て、心が和んだ。2人のお孫さんはその言葉を納得させるように、元気いっぱいの無邪気な笑顔を見せてくれた。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る