御坊市長選一夜明け 柏木氏が抱負語る

 保守を二分する御坊市長選史上まれにみる激戦から一夜明けた23日、全国現役市長最多の7選を果たした柏木征夫氏(75)=御坊市薗=が市内で共同記者会見を行った。柏木氏は「4年後は後継者にバトンタッチしたいと思っている」と最後の1期になることを明らかにした上で、1~2年後をめどに副市長を選任することや、6月議会で子ども医療費無料化拡大などを提案していく考えを示した。
 23日は午前4時半ごろに起床し、ニュースなどを見て普段通りに過ごしたあと、共同記者会見に臨んだ。
 来月に控えている6月議会に向けて「認知症対策や、選挙戦で公約に掲げた子ども医療費無料化を高校卒業まで拡大するため、補正予算に計上して早速提案したい」とただちに実行する施策を示した。選挙前から配置の考えを持っていた副市長については「まずは条例改正案を提案し、同意を得なければならない。そこから人選する。1年から2年はかかるだろう」と見通しを示した。後継者についても触れ「体力的にも最後の1期になるだろう。後継者にふさわしい人を御坊出身者から考えていきたい」とし、副市長イコール後継者になるのかの質問には「それは市民が解釈すること」と明言は避けた。最後の1期も「安心して子を産み育て、年を重ねることができる安全なまちづくりへ、長期総合計画をベースに進めていく」と力を込めた。
 選挙戦を振り返り、「市民の皆さんが御坊の自治を守った。多くの市民が集まってくれてまちを歩き回ってくれたおかげ」と感謝し、「初当選のときも印象に残っているが、今回の方がうれしい」と笑顔を見せた。今後の二階俊博総務会長との関係を問われると、「私自身は変えるつもりはない。今回も私自身はスタンスを変えていないつもり」とし、「陳情等は今後も県出身の国会議員にお願いしていくのが市長として当然。変えてはいけない」などと話した。26日午前9時から初登庁する。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る