印南SA 上下とも売上過去最高

 高速道路印南SAを運営する日高観光物産センター㈱(代表取締役社長=日裏勝己印南町長)は23日、農業共済会館で第11期定時株主総会を開き、平成27年度の売り上げが、上下とも過去最高だったことを報告した。昨年4月29日のリニューアルオープン、8月30日の南紀田辺IC~すさみ南ICの開通で利用客が大きく増加し、売り上げにつながった。
 27年度の大阪方面の上り施設の売り上げは1億8927万3489円。26年度の1億5800万9957円より3126万3532円増加。これまで最高だった24年度の1億8459万1903円より468万1586円多かった。
 月別売り上げでは4月以外はすべての月で昨年同期より増。リニューアルオープン直後の5月は前年同期比126・82%。売り上げ額が最も多い8月は、7月12日の南紀田辺IC~南紀白浜IC間の開通による白浜への観光客増加の影響で、利用客が初めて3万人を超え、前年同期比124・63%。南紀田辺IC~すさみ南IC間開通後の9月は、昨年同期比140・50%で、以降も110~120%の月が続いた。
 白浜方面となる下り施設の27年度売り上げは1億859万1410円で、26年度より1509万4352円増加。月別では上り同様4月以外はすべて前年同期を上回った。
 総会では日裏社長が「リニューアルによって当施設の認知度がさらに高まり、高速南伸で白浜への観光客増加に伴い利用客も増え、過去最高の売り上げとなりました。今後も上下の相乗効果を上げるため努力するとともに、各イベントの開催も進めていきたい。また上り線で渋滞が見られますので、早期の4車線化も推進していきたい」と話した。任期(2年)満了に伴う役員改選も行い、日裏代表取締役ほか柏木征夫、小谷芳正、市木久雄の3取締役、畑中雅央監査役を再選。森下誠史監査役は任期中となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る