移住者の活躍に期待

 記者として日高川町の担当になり約1年がたった。町では移住に力を入れているだけあって、移住者が多く、そういった人たちを取材する機会も多い。その中で感じるのは移住者のモチベーションの高さだ。
 東京出身で川原河に住んでいる女性は、築115年の古民家を改修して草木染め工房をオープンした。周辺の山などで集めた季節の草木を釜で煮出し、衣類やハンカチを染める。商品を販売するだけでなく、定期的にイベントも開催。仲間やフェイスブックなどのSNSを通じた友人、地域住民らが参加し、交流を深める。なかなか個人ではできないことだろう。
 また宝塚出身で高津尾に住んでいる男性は趣味の木工技術を生かし、体験や民泊を提供するゆめ倶楽部21のメンバーとして活躍。ほたる祭りの復活を目指す寒川地内でもIターン者らがメンバーとなる実行委員会が新たなイベント寒川ワンダフルナイトへの取り組みを進めている。このイベントには移住者ではないが都市から来ている地域おこし協力隊も活躍している。このほか店舗の経営や団体の運営など多くの移住者が地域の一員として活躍している。
 移住と一言でいっても様々なケースがある。仕事の都合や引退後の余生を過ごす場所、それに加え何らかの志を持ってくる人もいる。もちろん地元住民も地域おこしへ積極的に取り組みを行っている。ただ取材を通じて移住者には、外から来たからこそわかる「地域の魅力」に気付くことができる強みがあると感じる。さらに特別なスキルや新しい発想もある。移住者が地域に吹かせる新しい風。地元住民と一緒になって地域活性につながることを期待したい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る