縁起がいい申年の梅に期待

 梅の産地みなべ町などで15日から小梅の出荷がスタート。JA紀州では18日から古城梅、25日からは主力品種の南高梅の受け付けを行い、いよいよ本格的な梅の収穫シーズンを迎える。梅農家にとっては1年で最も忙しい時期だ。
 収穫時期には量や品質、梅の単価が気になるところだろうが、ことしは販売面で明るいアピール材料がある。1つは「申年の梅」に当たるということ。平安時代の申年に都で悪疫が流行り、村上天皇(926~967年)が梅干しと昆布茶で回復したといういわれがある。以来、「梅干しは健康にいい」「縁起がいい」とされ、申にかけて「病が去る」「難が去る」などと言われている。梅干しの効能は1000年以上も前から実感されていたことになり、江戸時代にコレラが流行した時も人々はこぞって梅干しを食べたという。もう1つは、昨年12月に「みなべ・田辺の梅システム」が世界農業遺産に認定された。他産地の梅との差別化につながることに期待したい。
 とは言っても、近年の梅の価格は下降傾向。20年ほど前には10㌔入りの青梅がいまの倍以上の1万円以上で取り引きされ、「青いダイヤ」とも呼ばれた。一次加工の梅干しも現在の3倍程度の高値で売れたこともある。しかし、若者の梅干し離れや漬け物自体の衰退で、梅の産地では「経営が苦しい」などという声が聞かれている。耕作放棄地が増えているのも事実で、明るい話題が少なくなっている。
 申年の梅を食べて消費者に一層元気になってもらいたいと思うと同時に、低迷する生産地の「難」を取り除き、かつてのような好景気を取り戻すきっかけになればと思う。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る