縁起がいい申年の梅に期待

 梅の産地みなべ町などで15日から小梅の出荷がスタート。JA紀州では18日から古城梅、25日からは主力品種の南高梅の受け付けを行い、いよいよ本格的な梅の収穫シーズンを迎える。梅農家にとっては1年で最も忙しい時期だ。
 収穫時期には量や品質、梅の単価が気になるところだろうが、ことしは販売面で明るいアピール材料がある。1つは「申年の梅」に当たるということ。平安時代の申年に都で悪疫が流行り、村上天皇(926~967年)が梅干しと昆布茶で回復したといういわれがある。以来、「梅干しは健康にいい」「縁起がいい」とされ、申にかけて「病が去る」「難が去る」などと言われている。梅干しの効能は1000年以上も前から実感されていたことになり、江戸時代にコレラが流行した時も人々はこぞって梅干しを食べたという。もう1つは、昨年12月に「みなべ・田辺の梅システム」が世界農業遺産に認定された。他産地の梅との差別化につながることに期待したい。
 とは言っても、近年の梅の価格は下降傾向。20年ほど前には10㌔入りの青梅がいまの倍以上の1万円以上で取り引きされ、「青いダイヤ」とも呼ばれた。一次加工の梅干しも現在の3倍程度の高値で売れたこともある。しかし、若者の梅干し離れや漬け物自体の衰退で、梅の産地では「経営が苦しい」などという声が聞かれている。耕作放棄地が増えているのも事実で、明るい話題が少なくなっている。
 申年の梅を食べて消費者に一層元気になってもらいたいと思うと同時に、低迷する生産地の「難」を取り除き、かつてのような好景気を取り戻すきっかけになればと思う。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る