自由律俳句全国大会で岡さんが最高賞

 自由律俳句の青い地球全国大会は岡山県倉敷市で開かれ、最高賞の青い地球賞にはまゆう吟社の岡一子さん(87)=御坊市塩屋町北塩屋=が選ばれた。自由律俳句を始めて40年余り、念願だった受賞に「うれしいです」と喜んでいる。
 岡さんは昭和49年から「青い地球」誌に出句を始め、10年前に新風賞を受賞。今回は「握ったクレヨン」と題する20句で最高賞を受賞した。表題になった句は「七夕様願わくは握ったクレヨンが折れそうで」。岡さんは俳句のほか絵も趣味としており、水彩画や絵手紙、俳画を楽しんでいるが、年齢を重ねてだんだん思うように描けなくなり、七夕の夜、「もう少し長く絵を描かせてほしい」と星に願いをかける思いを詠んだ。クレヨンで描いているわけではないが、頼りない心をクレヨンで表現したという。そのほか、絵手紙の楽しみを詠んだ「掌から掌へ行く小さな絵から蝶飛んだ」、同時代や大きな歴史を見つめる視点で詠んだ「総理の一説聞いたか田の神舞い下り」「安保法案 杭打つ音のけたたまし」「砂に埋まる貝殻の咽び聞く原爆忌」などがある。
 大会には体調が悪く出席できなかったが、はまゆう吟社の仲間がもらってきた賞状と祝福の花束を受け取り、「もう生きているうちにはもらえないのではないかと思っていたので、知らせを聞いてびっくりしました。とてもうれしいです」と笑顔で話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る