自由律俳句全国大会で岡さんが最高賞

 自由律俳句の青い地球全国大会は岡山県倉敷市で開かれ、最高賞の青い地球賞にはまゆう吟社の岡一子さん(87)=御坊市塩屋町北塩屋=が選ばれた。自由律俳句を始めて40年余り、念願だった受賞に「うれしいです」と喜んでいる。
 岡さんは昭和49年から「青い地球」誌に出句を始め、10年前に新風賞を受賞。今回は「握ったクレヨン」と題する20句で最高賞を受賞した。表題になった句は「七夕様願わくは握ったクレヨンが折れそうで」。岡さんは俳句のほか絵も趣味としており、水彩画や絵手紙、俳画を楽しんでいるが、年齢を重ねてだんだん思うように描けなくなり、七夕の夜、「もう少し長く絵を描かせてほしい」と星に願いをかける思いを詠んだ。クレヨンで描いているわけではないが、頼りない心をクレヨンで表現したという。そのほか、絵手紙の楽しみを詠んだ「掌から掌へ行く小さな絵から蝶飛んだ」、同時代や大きな歴史を見つめる視点で詠んだ「総理の一説聞いたか田の神舞い下り」「安保法案 杭打つ音のけたたまし」「砂に埋まる貝殻の咽び聞く原爆忌」などがある。
 大会には体調が悪く出席できなかったが、はまゆう吟社の仲間がもらってきた賞状と祝福の花束を受け取り、「もう生きているうちにはもらえないのではないかと思っていたので、知らせを聞いてびっくりしました。とてもうれしいです」と笑顔で話している。

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る