夏空に熱気ムンムン

 第10回みやこ姫よさこい祭り(古久保恭一実行委員会委員長)が16日に御坊市野口の日高川ふれあい水辺公園せせらぎ広場で行われ、好天の下、親子連れら延べ1万5000人が来場した。メーンの演舞には県内外のよさこいや舞踊など過去最高の47チーム(よさこい44チーム)が出演。華麗かつパワフルな踊りで来場者を魅了し、節目の年の開催にふさわしい大にぎわいとなっていた。
 メーンステージは、全よさこいチームのメンバーらが一斉に踊る「総踊り」で幕開け。オリジナルの「みやこ姫よさこい音頭」や「YAPPA紀州」で熱気を爆発させた。引き続き開会式が行われ、古久保委員長が「セッティングから含めていい天気になったのは10回目にして初めて。皆さんの熱意が通じた。よさこいチームなどのパフォーマンスを見て、御坊の思い出を増やしてほしい」とあいさつ。10回連続出場の「楠見おどりっ子隊(和歌山市)」、「紀道(同)」、「ザ☆べんけいず(田辺市)」の3チームに感謝状も贈呈した。
 このあと、各チームが次々とステージに登場。地元御坊市のよさこいチーム「夢屋舞組」は洋風の新衣装でテンポよく息ぴったりの踊りを披露し、大きな拍手。他のチームでは男性ばかりで「一世風靡セピア」や「EXILE」のようなワイルドなパフォーマンスをみせた「烏天狗」、初出場で元気いっぱいの女子学生限定チーム「紀州よさこい部雛菊」などが会場を沸かせていた。地元舞踊チームでは「日舞清姫会」と「日舞清姫会御坊教室」が日ごろの練習の成果を発揮して華麗に舞った。御坊スポーツクラブ太極拳教室も好評となった。ことしも特設ステージとは別の場所で、各チームがパレード形式の演舞も行い、カメラマンがシャッターチャンスを狙っていた。
 会場には飲食やフリーマーケットのブースが多数出店され、大盛況。ゴミの分別ステーションも設けて、ゴミの減量化やリサイクルにも一役買った。フィナーレでは再び総踊りが行われ、もちまきもあった。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る