未来の「本屋さん」に出会う

 「本屋さんになりたい」という夢を実現させるため全国の書店を回って勉強している長崎県の女性に、日高川町のイハラ・ハートショップで出会った。筆者は他の用事で同店を訪れたのだが、彼女の熱意と行動力に感銘を受け、思わず取材してしまった
幼い頃から本が好きで、好きな場所は図書館と本屋さん。しかし全国的な書店の減少傾向は彼女の故郷でも著しく、いつも行っていた店が閉店することを知り「自分が本屋さんになろう」と決心。退職し、情報を集めて九州から新潟まで20日間の本屋巡りの旅を実行に移した。店主はそれぞれみんな印象深く、「お店を巡っているというより『人』を巡っている感じ」だという
イハラ・ハートショップは山奥の小さな本屋さんでありながら、有名な作家を招いてのイベントなど数多く実施。店長の井原万見子さんの著書「すごい本屋」(朝日新聞出版)などでも活動は全国的に知られる。長崎の女性は本の雑誌で同店のことを読んだが、実際に各書店で名前が挙がったといい、「有名ですよ」と声に力を込めた。一人の強い思いは、また新たな思いを呼んでいくんだなとあらためて思った
今や書店に足を運ばなくても本はネットで簡単に買える。書籍の電子化も進んでいる。もし本の価値が情報という点にあるのなら確かにデータ化して保存すればよく、製本や収蔵は時間とスペースの無駄になる。しかし、合理性を追求したところに必ずしも正解はない。人は何も、物事の効率を上げるために生きているわけではない
長崎の女性は、絵本を中心に並べ、子どもたちが集まって本にふれられる場をつくりたいという。その笑顔には明確な目標を掲げた人の持つパワーがあり、力強さと頼もしさを感じさせてくれた。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る