霧中外交、同盟の意義自問を

 フィリピンの大統領選で元検察官ドゥテルテ氏の当選が決まった。ダバオ市長時代は「犯罪者は殺す」と過激発言を繰り返し、処刑団を使って治安を劇的に改善したといわれ、日本や米国と協調していた対中政策の転換が懸念される。
 同国はかつて、親米政権が倒れたあと、米軍駐留の条約批准を否決した。結果、米軍が全面撤退すると、中国が目の前の南沙諸島に進出を始め、岩礁を占拠、埋め立てた。2年前には再駐留を認めたが、すでに人工島に滑走路まで出来てしまった。
 日本も「明日は我が身」。尖閣諸島周辺領海への中国の公船侵入は引きも切らず、日中中間線のガス田開発では軍事用のプラットホーム建設が進み、東日本大震災の直後には領空侵犯が続発した。これらの蛮行に、日本人なら恐怖と不安を覚えるのが普通の感覚ではないか。
 安倍首相はプーチン大統領との会談後、北方領土に関して「アイスブレーク(砕氷)できた」と語った。詳細な中身は分からないが、領土という互いに譲れぬ国家の主権をかけ、頭の痛い隣国をにらみつつ、経済協力、軍事同盟も含め、国益最優先の駆け引きが続く。
 他方、北朝鮮の金正恩第一書記は先の朝鮮労働党大会で、声高らかに核保有国を宣言した。5度目の核実験の準備を進めているとの報道もあり、イラク、リビアを教訓に、核とミサイルを手放す考えは毛頭ない。
 これらすべての国に大きな影響力を持つ米国の大統領選は、まさかのトランプ氏の芽が大きくなりつつあるという。現オバマ大統領は広島を訪れるが、「核なき世界」もいまは昔。日本人は両首脳の歴史的な画に感動するだけでなく、この大統領選と広島訪問を機に同盟基軸の米軍駐留の意義を考えねばならない。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る