日高町の黒竹工芸品を海外へ

 日高町原谷、黒竹生産・加工・販売の㈲金﨑竹材店(金﨑昭仁社長)では、今秋にも特産黒竹を使った箸やボールペンの工芸品を本格販売し、海外に売り込んでいく。すでに商社などを通じて海外5カ国にサンプルを送り、反応は上々。現在、ボールペンなどの試作は県外業者に依頼しているが、将来的には地元に設備を整え、地場産業振興や雇用創出にもつなげていく。
 金﨑竹材店は、獣害で生産量が激減し、高齢化や重労働で従事者も減ってきている中、3、4年前から黒竹の「材料屋」という位置付けではなく、付加価値を付けた商品開発を進めている。そういった中で第1弾の商品として開発したのが黒竹の箸で、本格販売に向けてパッケージも考案中。予定価格は800円。さらに、第2弾として黒竹の筒で覆われたボールペンの試作品が完成。長さ17㌢前後、直径13~17㍉。キャップがねじで開閉でき、外したキャップはなくさないよう、ペン尻に磁石でくっつけることができる。予定価格は3500円。いずれも黒竹独特の美しい光沢が特徴。現在、箸は大分県別府市、ボールペンは千葉県の業者に製造を依頼している。
 販路は国内だけでなく海外もターゲットにしており、昨年秋には黒竹のPRへ韓国で催された「2015潭陽(タミャン)世界竹博覧会」に黒竹を出展。黒竹は韓国にもあるが、現地関係者から「これほどきれいな仕上がりの黒竹は見たことがない。色を塗っているのか」などと大絶賛された。現在、箸やボールペンの販路として交渉を進めているのは、すでに黒竹の輸出実績があるインドネシアを含め、フランス、オーストラリア、アメリカ、韓国の5カ国。金﨑社長は「見本を送っており、素材の美しさを生かした仕上がりに評価を受けている。発注できるようになるのではないか」と期待。さらに「地元で商品を作れるよう設備投資も考えている。黒竹の伐採は重労働だが、商品の製造なら高齢者も携わってもらえる」とし、「原谷の黒竹というより、熊野古道沿いに群生している黒竹ということで、『熊野の黒竹』として売り込んでいければ」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る