善意の輪はどんな形でもいい

 熊本地震からもうすぐ1カ月がたとうとしている。9日までに49人が亡くなり、1人が行方不明。避難している人は1万3800人余りに上っている。そんななか、一連の地震で被災した住宅を狙った空き巣や窃盗といった犯罪が相次いでいるという。
 災害の混乱に乗じた窃盗事件は、平成23年の東日本大震災でも多発。原発事故で多くの住民たちが避難した福島県では、同年3~12月の空き巣被害が前年と比べて約500件増加し、昨年9月に起きた茨城県常総市の水害時も、発生から数日間で市内だけで窃盗事件が20件以上あった。報道によると、これまで熊本地震に関連した空き巣や窃盗は、未遂を含めて30件以上確認されている。
 また、熊本地震の義援金を名目に現金をだまし取ろうとする不審な電話も。御坊署管内では確認されていないが、震災に便乗した義援金詐欺や悪徳商法に関する相談は全国で増えているという。被災者の窮状、被災地の混乱、地域住民の不安につけ込んだり、被災者を救援しようとする人の善意を踏みにじる悪質な犯罪。被災地以外の地域でも発生する可能性が大いにあり、同署でも関係団体と連携して情報を収集、被害防止や被疑者の検挙に取り組んでいる。
 このほど、熊本県で被災地支援のために寄せられた義援金の第1次配分が被災自治体に振り込まれた。日高地方でも募金活動が行われている。一方、ネットでは芸能人が寄付の公表を控えるべきかが話題。売名しても、そんなに得があるとは思えず、バッシングを受ける行為ではないと思う。むしろ非難されるべきは善意につけ込む悪質行為。純粋な善意の輪が広がればいい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る