御坊市長選立候補予定者に聞く ②産業活性化

 15日の告示が目前に迫った注目の御坊市長選。現職柏木征夫氏(75)=御坊市薗=と新人二階俊樹氏(51)=御坊市島=の一騎打ちが濃厚で、激しい前哨戦を繰り広げている。本紙では、両立候補予定者がまちづくりの政策についてどのような考えを持っているのか、4項目でインタビューした。各項目別に4日間にわたって紹介する。2回目は農林水産業、商工業など「産業の活性化」。
 柏木氏 
産業の活性化にはさまざまな職種の連携と、いまある地域資源を活用することを基本的なスタンスとして雇用の促進を図ることが重要です。企業団地等への誘致を今後も積極的に行っていきますが、たくさんある優良な地元企業のPRや「家業」の発展・振興に力を入れていきたい。農業、商業、製造業など御坊市・日高郡を支える産業を大切にすることは地域の活性化にも直結し、後継者不足解消にもつながります。まちを元気にするため、地場産業の魅力を内外に売り込むトップセールスに一層力を入れていかなければならないと強く感じています。さらに農林水産業、商工業すべてにいえることですが、ブランド化と高品質化は必要不可欠。例えば漁協が開発した人気のアンチョビのように、新しいことにチャンレンジする自主性を持った個人や団体をサポートする体制を一層充実させていきたい。商店街の空き店舗活用などアイデアを生かした取り組みを進めていくことや買い物に来やすい環境づくりのため、移動手段の一つとしてのコミュニティーバス等の導入について検討していきたい。日高港のPRの強化や本年度で予算化している「ふるさと納税」促進にも取り組んでいきたい。
 二階氏 
御坊市が全国シェア93%といわれるスターチスを大臣や国会議員、全国の友人に贈ると大変喜ばれます。漁港で行われている朝市はあっという間に売り切れになる人気ぶりです。御坊市の農林水産業や商工業が生み出した産物を「御坊ブランド」として、私自身が率先して広告塔となって大きく育て、外貨を稼ぐことに傾注したいと考えています。和歌山県には全国5位の多さである32カ所に道の駅がありますが、御坊市にはありません。これから地域ブランドを販売していく拠点として、道の駅を少なくとも2カ所は設置していきたいと考えています。紀伊半島を観光する旅行客に、印南インターで下りて御坊や川辺インターから帰ってもらう人の流れを作ることに力を注ぎます。地域産業の活性の一つの方法として、ふるさと納税の促進へ、返礼品の開発もサポートしたい。商店街の振興では、購入した商品を自宅や車まで配達する支援、高齢者の買い物支援など人が歩きたくなる仕組みづくりを考えたい。また、企業誘致は県と協力して進めていきます。地元には頑張っている企業、産業がたくさんあります。NPOで培った経験を生かし、地域産業を知ってもらうことにも力を入れたい。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る