羽毛布団の産地偽装

 「実際とは異なる産地が表示された羽毛布団が多数市場に出回っている疑いが出ている」というニュースが報じられた。フランス産については「半分以上が偽装と思われる」などとなっており、低価格の中国産を混入させ水増ししている可能性があるという。
 筆者も少し前に羽毛布団を購入したが、数万円と高価なのでいろいろ勉強した。まず羽毛(ダウン)とは水鳥の胸に生えているもので、保温性、吸湿性、湿度の発散性に優れ、綿毛のように軽いのが特徴。羽毛布団の中には羽毛とは別に羽根(フェザー)が含まれており、一般的に羽毛の割合が多い方がいいとされている。また水鳥の中にもグースとダックの2種類があり、保温力などでグースの方が勝っているとされており、さらにグースのなかでも親鳥マザーグースが優れているとされている。色もホワイトとシルバーがあり、ホワイトの方が高価。そして産地については、極寒地であるほど鳥が生き抜くために保温力の高い羽毛になっているとして、ポーランドやハンガリーが有名だ。このほか羽毛の品質を評価するダウンパワーの数値や、羽毛の量、布団生地など選ぶ際の基準はたくさんある。
 高価な買い物だけに自身で調べ最良のものを選ぶ人もいるだろうが、産地を偽装されていればそれらの労力も無駄に終わってしまう。今回の一件で産地の適正化に期待したいが、一般消費者には違いが分かりにくい商品だけに、確認が難しい。インターネットのショッピングサイトには、格安のヨーロッパ産がたくさん表示される。この中にどれくらいの偽装商品が含まれているのかわからないが、安心を得るためには身近で信頼できる店舗を探すことも大事だろう。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る