御坊市長選立候補予定者に聞く ①防災対策

 15日の告示が目前に迫った注目の御坊市長選。現職柏木征夫氏(75)=御坊市薗=と新人二階俊樹氏(51)=御坊市島=の一騎打ちが濃厚で、激しい前哨戦を繰り広げている。本紙では、両立候補予定者がまちづくりの政策についてどのような考えを持っているのか、4項目でインタビューした。各項目別に4日間にわたって紹介する。初回は地震・津波、風水害等を含めた「防災対策」。
 柏木氏 ハード、ソフト両面で充実させていく必要があります。まずハード面では、津波避難困難地域の解消が喫緊の課題です。対象地域となっている名屋地区と新町地区に津波避難タワーを建設するため、現在着々と準備を進めています。避難しやすい環境づくりとして、空き家対策も必要だと考えます。とくに老朽化した空き家は災害時に倒壊して避難路をふさいでしまう危険があり、更地にすることがベスト。解体撤去を促進するため、更地にした場合の固定資産税の減免措置延長などで、所有者に働きかけていきたい。ほかにも情報が正確に伝わるように防災無線のデジタル化、御坊大橋の耐震化や全橋梁の点検を行い、災害時の安全と輸送路を確保します。次にソフト対策ですが、東日本大震災以後、見せる総合訓練から実践的な訓練が役立つとされています。地域の実情に合った災害種別ごと、地区別ごとの避難マニュアルの策定やこれに基づく避難訓練、避難場所・経路の選定をきめ細やかに行うことが重要です。子どもから大人までの防災教育も徹底し、一人ひとりの防災力を高める取り組みを積極的に推進します。防災対策は専門家の意見を聞きながらよりよい施策を行っていきたい。
 二階氏 海岸部や河川部の防災ハード対策、各家庭の耐震対策などしっかり進め、防災教育、避難訓練の充実など、国土強靭化基本法の提案者である二階俊博代議士の地元として国、県の協力を得ながら日本の先頭に立てるようにしたい。災害発生後の備えの一つとして、防災備蓄があります。現状の御坊市での在庫は約6500食のアルファ米などしか備えていませんが、市民の多くは市に任せておけば大丈夫と考えているかもしれません。先の熊本地震では熊本市が22万食の備蓄を持っていたにもかかわらず、10万人の避難者に対して一日で底をついたのは最近の話です。私は「行政が備える、地域が備える、一人一人が備える」ということの重要さが市民に理解されてこそ、災害時の心の安らぎを生み、困難な復旧活動に立ち向かえると考えています。ほかの市町村が被災した場合、物資を提供して絆を結ぶきっかけにもなりえる防災備蓄をしっかりと整えていきたい。さらに防災教育、避難訓練などを市民、地域、行政が一体となって進めていく旗振り役になります。災害は怖いものですが、毎日やってきません。正しい備えをし、住民の絆を強くする。本当の意味で強い御坊市を目指します。

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る