殿原に根付く平和を愛する心

 5日のこどもの日、田辺市龍神村殿原でことしも第2次世界大戦末期に同地内に墜落した米軍爆撃機「B29」搭乗員のめい福を祈る慰霊祭が営まれた。第1回は、墜落した昭和20年5月5日から1カ月後の6月9日。戦時中だったが、現場には慰霊碑や墓標も建てたという。以後、慰霊碑は場所を移転したが、慰霊祭は毎年営まれている▼地元の郷土史研究家の古久保健さん(78)はB29の墜落に関する研究を続けている。平成25年には搭乗員の遺族に会うためにアメリカにも渡った。「戦争で肉親を失った家族に、どんな状況で亡くなったのか知らせてあげたい」という思いからだ。平成17年には著書「轟音~B29墜落の記~」も発刊した
こうした経緯もあって、慰霊祭の参加人数は年々増加している。10年ほど前は地元住民らが30人程度集まるだけだったが、ことしの慰霊祭には約150人が参加した。殿原地区から発信している平和の思いが確実に広がっているといえる
慰霊祭では古久保さんが「これまでB29墜落の真実を明らかにしようという取り組みを続けてきた。この思いを若い世代に引き継ぎたい」とし、殿原地区の3人の若者にバトンを渡した。その1人の古久保真介さんは「『命は大切なんだ』という思いは人間のあり方としての基本。この思いを広げて共有するということに取り組んでいきたい」と決意を語った
戦時中から続く慰霊祭。当時は敵国の兵士を供養するようなことは考えられなかったことだろう。それが戦後70年以上も続いている。捕らえられた捕虜にもおにぎりを差し出したということも伝えられている。分け隔てなく人々を愛し、戦いのない平和を望む心が当時から受け継がれているのだろう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る