龍神村で墜落B29の慰霊祭

 第2次世界大戦末期に田辺市龍神村殿原に墜落した米軍大型爆撃機「B29」搭乗兵の冥福を祈る慰霊祭が5日、同地区の明神神社近くの慰霊碑前で行われ、住民ら約150人が手を合わせた。墜落したB29について長年にわたり研究している地元の古久保健さん(78)は「戦争は始めると終わりがない。いまも戦後処理が続いている」と話していた。
 昭和20年5月5日、搭乗兵11人を乗せたB29と日本の戦闘機「紫電改」が同地内の上空で空中戦を展開。紫電改がB29を撃ち落とし、乗組員7人が亡くなった。残り4人は捕虜として捕らえられた。戦時中だったにもかかわらず、地元住民は亡くなった米兵を埋葬し、現場に慰霊碑と墓標を建立。同年6月9日、第1回の慰霊祭が営まれた。その後、慰霊碑は災害などにより6回にわたって移転。平成5年に現在の場所に移された。
 慰霊祭は今回で72回目。地元住民をはじめ県内外から約150人が参加し、仏教式とキリスト教式で行われた。大應寺(同村東)の松本周和住職(68)が読経、カトリック教会のカレン神父(75)が聖書の一節を朗読し、全員で聖歌をうたった。
 宮本卓美区長は「戦争のない平和な世界になるように祈っていただいた」とあいさつし、龍神村行政局の宮田耕造行政局長が「戦争の歴史を風化させてはいけない」などと真砂充敏市長のメッセージを代読した。古久保さんは「B29の墜落に関する真実を明かそうと取り組んできた。この思いを次の世代に引き継ぎ、若い人にも同じ思いを持ってもらいたい」と語り、継承する3人の地元の若手として古久保真介さん(53)、五味一平さん(38)、宮脇慎さん(43)の3人を紹介した。古久保真介さんは「70年以上も続いている慰霊祭には、殿原地区の熱い思いがある。米兵の御霊を供養するとともに、命の大切さを深く考えていきたい」と決意を述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 右を見て左を見てそして右

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る