みなべで全国ウメ生産者女性サミット開催へ

 梅の生産に関わる女性たちが集う「全国ウメ生産者女性サミット」が来年2月20・21日にみなべ町で開かれることが決まり、同町では実行委員会を立ち上げ、取り組みをスタートさせた。ことし3月には埼玉県越生町で第1回が開かれ、みなべは第2回になる。27日に開かれた実行委員会でも活発な意見を交換した。
 「梅の消費が減少傾向にある中、梅の可能性を拡大し、生産振興を図っていくためには女性の能力を積極的に活用することが不可欠」とし、3月5・6日に関東地方有数の梅の産地である越生町で初開催された。女性生産者や団体、企業、行政関係者ら約200人が参加し、「ウメ生産地における女子力アップと消費拡大」のテーマで行われたパネルディスカッションでは、みなべ町の二葉美智子さん(ふたば農園)、田辺市龍神村の原さださん(龍神はーと)の2人がパネラーを務めた。
 みなべ町での第2回開催に向けて、今月20日に町内の女性15人で実行委員会を発足。実行委員長には松川薫さん(東岩代)、副委員長には大久保志津子さん(西本庄)、二葉美智子さん(東本庄)、坂本康好さん(同)が選ばれた。日程は観梅時期の来年2月20・21日の2日間とし、初日は講演会や生産者交流会など、2日目には現地研修会を予定している。27日の会合では「メディアに取り上げてもらえばPR効果が高まる」「女性目線をサミットに反映させてはどうか」などの意見が上がった。サミットのテーマとしては「梅の未来や可能性」という趣旨にする方向でまとまった。次回は5月11日で、今後内容を具体化させる。

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る