中学生球児の熱意

 東京都小笠原村父島出身の中学生球児を取材した。本人や母親に話を聴かせてもらって一番すごいと思ったのが、野球をやりたいという熱意だった。
 本土の東京に行くにはフェリーで25時間かかり、その定期便は週1回の南の島。スーパーは島内に2軒、靴屋と本屋はなかったらしい。スパイクやグラブなどの野球道具をそろえるのもネットで注文するか、年1回本土へ渡った際に購入するか。そんな環境の中でもバッティング練習するための網や野球に関する本はネットを使って手に入れるなどし、頑張ってきたそうだ。しかし、地元の少年野球チームでは週1回しか練習がなく、中学生になると部員不足に悩む学校の部活しか野球を続ける道はない。小学5年生になると、「強いチームで野球をやりたい」と決心し、由良町移住を希望するようになったという。
 両親は「よし、分かった」とすぐに理解を示したわけではなかった。「野球がしたいなら、これから自分が何をしていけばいいか考えなさい」と息子に話したところ、朝6時から1時間ほどの自主トレに打ち込み始めた。1年以上も熱心に朝練に取り組む姿を見て、「これなら協力してあげよう」と一家で引っ越しすることを決めた。
 移住後の子どもの様子を問うと、「すごく楽しそうで、テンションが上がっています」。すでに練習試合に出場し、念願だった硬式野球の実戦を経験。由良町に来ても朝練を続け、自宅から約4㌔離れたグラウンドまでは走って練習に通っている。
 熱意は周囲に影響を及ぼし、人を動かす力がある。球児の両親が動かされたように。記事を通し、何かをやろうとする子どもたちにそんな部分も伝わってくれればと思う。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. どう?きれいに染まってる?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る