「朝日軍」の野田さんの親類にカナダの殿堂メダル届く

 戦前戦中にカナダで活躍し、移民社会と野球文化への功績を認められ、カナダの野球殿堂入りした伝説の日系人野球チーム「バンクーバー朝日」に、美浜町三尾出身の日系2世野田為雄さんがいたことが分かった。平成17年にはBC州のスポーツ殿堂入りも果たし、その記念メダルは長らく受け取る肉親が見つからなかったが、東京在住の男性がトロントに住む野田さんの親類を探し出し、今月13日、メダルが手渡された。
 バンクーバー朝日は1914年、日本人街の日系2世を中心に結成され、バントや盗塁を多用する「スモールベースボール」で白人チームばかりのターミナルリーグで優勝。敵のすさまじいラフプレーにも黙ってフェアプレーを貫く選手の姿は、さまざまな差別、排斥に苦しんでいた日系人社会の希望の星となったが、日米開戦に伴う日系人の強制収容によりチームは消滅した。
 戦後58年目の平成15年、カナダ政府は朝日軍の功績をたたえ、同国の野球殿堂入りを決定。2年後にはBC州のスポーツ殿堂入りも果たし、新宮出身の嶋正一さんら元選手、チーム関係者に記念メダルが贈られた。しかし、元選手の多くはすでに亡くなっており、遺族とも連絡がつかないなど、20人以上のメダルが未渡しとなっていた。
 嶋さんのおいで、東京都練馬区に住む嶋洋文さんは約1年前から未渡しメダリストの家族探しを続けていたところ、正一さんと同じ初期朝日軍のメンバーに、三尾出身の野田為雄さんがいたことが判明。野田さんは昭和12年の日中戦争開戦前に帰国、出征して中国大陸で戦死していたが、洋文さんの調査の結果、トロントに為雄さんの異母妹の野田洋子さんが住んでいることが分かり、今月13日、日系の代理人経由で為雄さんの殿堂メダルが洋子さんに手渡された。
 バンクーバー地域リッチモンド市の港町スティーブストンには、為雄さんと同じ三尾出身日系2世の村尾敏夫さん(96)が暮らしている。カナダ生まれの村尾さんは3歳で日本へ戻り、19歳まで三尾で生活していたが、そのとき、日本へ戻っていた為雄さんと交流があった。
 村尾さんは27日、本紙の電話取材に応え、「1人息子だった為雄さんは私より4歳上で、生きていればちょうど100歳ぐらいです。すらっと背が高く、笑顔が素敵な誰からも好かれる人でした。21歳か22歳ぐらいで日中戦争に出征し、有名な鯉登(こいと)部隊(歩兵第77連隊)に所属して戦死されたと聞いています。私は為雄さんのプレーする姿を見ることはできませんでしたが、今回、メダルが親戚の方に手渡され、本当にうれしく思います」と話した。

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る