中でも外でも十分な睡眠を

 震度7の最初の揺れを乗り越え、被災地ではみな、「なんとか命は助かった」と思ったはず。その28時間後、はるかに規模の大きな地震が起こり、一気に数十人が犠牲となった。一連の熊本の地震災害。相次ぐ揺れはだれもが「余震」と思い、あとから「本震」がくるとは専門家でさえ予想外の事態。あらためて、震災は何が起こるか「わからない」ことがよくわかった。
 熊本県内では12万人近くが避難所生活を送り、現在も3万世帯以上、7万人以上に避難指示・勧告が出されている。避難所や自宅の外では車の中で寝起きしている人も少なくなく、心配されていたエコノミークラス症候群による犠牲者も出てしまった。
 狭い車内で足を伸ばせず、窮屈な姿勢は熟睡できない。結果、疲れはとれずストレスがたまるが、プライバシーのない屋内の雑魚寝よりは、車の中の方が他人に気を使わないだけ精神的に楽ということなのだろう。1日、2日ならともかく、車中泊が長引くにつれ病気のリスクも高まる。
 今回の熊本でも、被災者は炊き出しや物資の配給に黙って並び、割り込みによる喧嘩も起こらない。相手の気持ちを思いやり、困ったときには互いに助け合う日本人の気質はまぎれもなく世界一の民族性であるが、長期化する避難生活では自らの心身を痛めてしまうこともある。多少の迷惑はお互いさま。まずは十分な睡眠がとれる環境を確保したい。
 『日本沈没』の田所博士は、「単なる過去の歴史の延長によって、類推できない未知の暗黒もある」という。現実にテレビで繰り返される活断層云々の専門家の話も、つまるところは「わからない」。私たち和歌山県民も熊本の余震の収束を祈りつつ、自らの備えの再確認を。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る