熊本地震 日高病院DMATが帰還

 甚大な被害が出ている熊本地震の被災者支援へ16日から現地へ出動していた国保日高総合病院の災害派遣医療チーム「DMAT」のメンバー5人が19日夕方、活動を終えて無事帰還した。現地では、対策本部の運営支援や、倒壊の危険がある病院から関連施設への患者搬送などのミッションを担当。メンバーは「日ごろの訓練や研修の重要性を痛感した」と、教訓を今後に生かす決意を新たにした。
 メンバーは、業務調整員の藤本順智課長補佐(医事課)、リハビリテーションセンターの橋尾学技師長、看護部から主任看護師の塩路ゆかりさん、看護師の岩越たまみさん、山本悠貴さん。本震とされる16日未明の震度6強の地震発生後に県から派遣依頼を受け、隊員5人が準備を整えて同日午前9時ごろには同病院を専用車で出発。10時間かけて宿泊施設のある福岡県に到着し、17日に被災地入り。田辺市紀南病院の隊員、京都府から派遣された隊員との混成チームで活動した。初日は熊本市の熊本赤十字病院に設置された対策本部の運営サポートを担当。各地から集まったDMATの調整や指揮・統制を行った。夜は2時間程度の仮眠だけで、翌18日は同じく熊本市内で倒壊の危険がある病院から別の施設へ患者を搬送するミッションをこなした。
 同病院に到着したメンバーを曽和正憲院長や職員らが拍手で出迎えた。チームリーダーの藤本課長補佐は「DMATとして初めての出動でしたが、研修会等で他府県のメンバーとも普段から顔を合わせていたので、現地でもスムーズに連携できた。顔の見える関係づくりが大切だとあらためて感じた。近い将来、当地方でも南海地震の発生がいわれているので、経験を今後に生かしたい」と学んだことの大きさを強調。塩路さんや岩越さんも「患者を搬送する道沿いではたくさんの倒壊家屋があり、まだまだ支援が必要だと感じた。迅速な被災者支援のため、派遣依頼から出動までの時間をもっと短縮できるよう、普段から万全の準備を心がけておきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 寒さと静けさのなかで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る