ふるさと納税の使途で競争

 今月1日、高市早苗総務相が、ふるさと納税の返礼品として資産価値のある商品券や家電などを贈ることを自粛するよう求める通知を、全国の地方自治体に出した。返礼品を転売する事例が出ているためで、以前からもプリペードカードや高額な返礼品を贈らないよう求めていたが、通知に強制力がないため、いまだ返礼品の競争は過熱気味だ。
 日高郡町村会では、由良町の発案で、県町村会にふるさと納税の見直しを求める要望書を国に提出するよう提案。「返礼品の競争でふるさと納税の本来の趣旨からずれてきている」というのが理由で、言ってみれば国の方針を先取りした提案だった。しかし、県町村会は1年間の実態調査を行って結論を出すということでまとまり、国への要望書提出は見送り。県内でも豪華な返礼品をアピールして税収アップに努めているところがあり、確かにふるさと納税を〝賢く活用〟した者勝ちという考えも分かる。ただ、一方で本来納められるはずの税金が、返礼品目当てに他の自治体に流出してしまうなど、税収に地域間格差が出ていることも問題である。
 「ふるさと納税は地域を応援する制度。高額な品を贈ることで競争するよりも、応援してもらえるような寄付の使い方の工夫で競い合ってほしい」とは、総務省幹部の言葉。なるほど、ふるさと納税の使い方を明確に提言し、「こんな施策をしたいから寄付をお願いします」と呼びかけるのも一つの手。自治体の熱意をアピールして、地元をPRする機会にもつながるし、ふるさとを愛して寄付する側も寄付金の使われ方が分かるから安心。日高地方でも、一度そういった手法を考えてみてはどうだろうか。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る