新監督、新チームに注目

 今夏の第98回全国高校野球選手権和歌山大会での公式戦デビューへ、和歌山南陵硬式野球部が本格的に活動をスタート。監督には1978年春のセンバツに出場し、プロ野球でプレー、オリックスの2軍監督など指導者も務めた岡本哲司さん(55)=有田川町金屋出身=が就任した。
 2013年にプロ野球経験者が学生野球の指導者になるための規制が緩和されてから、県内で元プロが常勤の監督に就任するのは岡本監督が初めてという。プロ野球界はいうまでもなく日本野球の最高峰。その世界で活躍した人たちが将来の球界を背負う高校生を指導するのが難しいという環境にあったのはもったいないと常々思っていただけに、うれしいニュースであった。
 取材の日と後日、数時間だが練習の様子を見学させてもらった。岡本監督にインタビューした際、「体の動かし方から指導したい」と言っていたが、選手たちは捕球から送球体勢へと移る時の足の運びなど基礎をみっちりと繰り返し練習。一つ一つのメニューに目的を持って取り組む姿勢がうかがえた。チーム作りでは「選手たちに、こうあるべきという指導はしない」とも話し、個性を伸ばす選手育成を強調。第1期生が体力的に他校の選手たちに引けをとらなくなる来年夏、2年後の夏にどんなチームが出来上がっているのか、本当に楽しみだ。
 高校野球の指導者は学校の先生が多く、元プロ野球指導者という新しい人材が加わることは周囲にも刺激を与え、野球の活性化にもつながっていくはず。南陵を含めた日高地方勢が、夏は昭和57年(南部)、春は平成13年(同)以来遠ざかっている甲子園出場の吉報を届けてくれることを期待している。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 右を見て左を見てそして右

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る