鐘の音で無病息災

 印南町島田の浄土宗光明寺(垣光隆住職)で14日、恒例の曼陀羅会式が行われ、檀家の小学生の女の子11人が子ども和讃を唱えて無病息災などを願った。
 文化4年(1808年)ごろ、当時の住職が観経曼陀羅の掛け軸を作り、野菜や果物などを供えて中将姫の和讃を子どもたちが唱える「百味(ひゃくみ)供養」を始めたのが由来とされている。200年以上の歴史があり、毎年4月14日に行われている。
 春休みに練習を重ねてきた小学3年から6年生の女子児童は紫色のはかま姿で住職の周りに正座。鈴を振り、鉦を打ち鳴らしながらリズムに合わせ「なーむあみだーぶつ、なむあみだー」と和讃を唱え、寺総代は檀家が持ち寄った農産物を供えていった。参拝者はかわいい子どもの姿に目を細めていた。境内では餅まきもあり、多くの人でにぎわった。子ども和讃参加者は次の皆さん。
 稲田ほなみ、村上碧、小川みちる(以上3年)、山口皐月、村上愛來、村上恋舶、脇田麻友香(以上4年)、村上歌音(5年)、火縄優衣、木村日茉莉、片山有咲(以上6年)

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る