寒川のホタル復活に期待

 5、6月ごろになると由良町にある筆者の家の周辺にホタルが飛び始める。多いところでも5匹程度だが、毎年ホタルを見るたびに季節を感じることができる。記憶は定かでないが、昔より増えているような気がする。実際全国的にもホタルが増えてきているという報告もあり、下水整備による河川環境がひと昔前より良くなったことや、農薬の性質の変化などの影響があるのだろう。ホタルと言えば、数年前に広川町で見た無数に飛び交う様子が印象に残っている。
 そんなホタルだが、平成23年の紀伊半島大水害で壊滅状態となった日高川町の寒川地内では、復活へ向けた取り組みを始めている。寒川では最盛期には、いたるところで無数のホタルが飛んでいたとのこと。当時の様子を知っている人に聞くと「数千どころではなく数万、数十万」と数ははっきりしないが、とにかくすごかったということは伝わった。そのホタルも水害被害を受け、以降は数匹から数十匹程度になっているという。復活に向けては保存会と町の地域おこし協力隊が中心になり、飼育場整備やエサとなるカワニナ養殖を進め、去る11日には初めて幼虫の放流を行った。約100匹の幼虫で、寒川第一小学校の児童も協力した。
 放流の際、児童に話を聞いたが、寒川に住んでいながらたくさんのホタルを見たことがないというのが残念だった。数十万匹のホタルが飛び交う姿は感動的で、子どものころに見ても一生忘れることはないだろう。ホタルの復活は人を呼ぶ観光面だけでなく、子どもたちの郷土への誇りにもつながる。復活にはこれから長い年月がかかるだろうが、地道に続け、いつの日か無数の光が舞う様子を楽しみにしたい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る