カツオが食卓に上らない!?

 「目に青葉、山ほととぎす初がつお」という俳句があるように、この時期の味覚の1つといえばカツオだ。新鮮なうちに刺身にすると、もちもちした食感があり、とてもおいしい。ニンニクやタマネギなどの薬味を加えたたたきでは、刺身とは少し違った味わいがある。
 子どもの頃は父親が魚好きだったため、この時期になると家の食卓によくカツオが上った。価格もいまより安かったし、父親の知り合いの漁師からもおすそ分けがあったようだ。いまはなかなか食卓に上らないので残念なのだが…。
 そのカツオが近年不漁だ。全国的な傾向らしいが、県内の水揚げ量についても平成16年ごろを境に減り始めているのが現状。田辺、すさみ、串本の主要3港の水揚げでみると、26年は過去最少となり、ことしも出足となる3月の漁獲高は低調だ。県水産試験場(串本)によると、「東南アジア諸国などが巻き網漁法で幼魚から親魚まで乱獲しているのが原因の1つと考えられる」という。
 少なくなっているのはカツオだけでない。ウナギもそうだ。昔は庶民の味だったそうだが、近年では個体数が激減しているようで、ニホンウナギは絶滅危惧種に指定された。高価なウナギに代えて、味が似ているナマズをかば焼きにすることもあるほどだ。マグロも同じ。江戸時代にはトロに当たる部分は捨てられていたという話も聞いたことがあるが、いまでは高級食材となり、なかなか口には入りにくくなってしまった。
 「目に青葉、山ほととぎす初がつお」という句をもじって「ネギ大葉山ほど盛って初がつお」と詠む人もいるそうだが、それも過去の話となってしまう時はそう遠くないかもしれない。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る