ベトナムの森林行政官ら梅システムを視察

 ベトナム政府や同国地方自治体の森林政策担当者ら12人が13日、田辺市を訪れ、世界農業遺産に認定された「みなべ・田辺の梅システム」について市の職員から説明を受けた。ベトナムは人口の約3割が森林など自然の資源に依存した生活を送っており、森林の持続的管理は貧困の解消や地方開発においても重要な課題。中国との国境に近い北西部の森林では梅の栽培も盛んだという。
ベトナムでは昨年8月から日本のJICA(国際協力機構)の協力により、森林など自然資源に依存している人たちの所得向上を第一として、森林政策支援や森林の管理、生物多様性の保全などに取り組む「持続的自然資源管理プロジェクト」が進められている。今回はプロジェクトのチーフアドバイザーとしてJICAから派遣されている日本人の宮薗浩樹さん(ハノイ在住)のほか、日本の農林水産省、環境省に当たる農業・農村開発省、天然資源環境省の幹部職員、北部のライチャウ省や南部のラムドン省など4つの地方自治体の農林政策担当職員らが来日。13日から2日間、和歌山県に滞在し、みなべ・田辺の梅システムの梅林、和歌山森林管理署、田辺市の林業・製材事業所、白浜町内の民有林などを訪問、視察した。
 13日午後は田辺市役所でみなべ・田辺の梅システムに関する研修が行われ、池田正弘副市長が歓迎のあいさつを述べ、JICAの宮薗チーフアドバイザーがベトナムでのプロジェクトの概要を説明。続いて廣畑賢一梅振興室長が梅システムの概要、みなべ・田辺の梅システムの説明を行い、斜面を活用して薪炭林を残し、水源を保ち、ウバメガシを活用して生まれた特産「紀州備長炭」の製炭技術など、400年にわたり高品質な梅を持続的に生産しながら、生物多様性や独特の景観、農村文化を築いてきたことなどを通訳を介して伝えた。
 最後にベトナム側の代表が謝辞を述べ、「みなべ・田辺の梅システムは私たちにとってたいへん興味深く、すごく有意義な話だった。ベトナム北部にも広大な梅林があり、今回の訪問を通じて、生産から加工、出荷、流通までのノウハウを学び、ベトナムで応用していきたい」などと述べた。
 田辺市役所での研修終了後、ベトナムの訪問団は上芳養の石神梅林に移動。「ひと目30万本」と呼ばれる田辺を代表する急斜面の梅林に立ち、梅システムの一端に触れた。
 市役所からバスで約20分、石神梅林は海抜約300㍍の会津川の上流近くにあり、観梅シーズンには眼下の海に向かって斜面いっぱいに梅の花が広がり、ことしも多くの花見客でにぎわった。
 市の廣畑梅振興室長は薪炭林のニホンミツバチが花粉を運び、木の下のネットが熟して落果する梅を受け止め、ネットの下の草がクッション代わりとなって傷がつかないことなど、高品質な果実を生産・収穫できる効率的な梅システムを説明。あいにくの雨のなか、訪問団一行は傘をさしながら梅の木や土に触れ、写真を撮ったり熱心に質問する姿がみられた。
 ベトナムでも梅は盛んに栽培されているが、日本のような梅干しを食べる習慣はなく、乾燥梅のドライフルーツや梅酒などの商品が好まれているという。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る