観光はもてなしと安心感

 先日、ニューヨークへ行く機会があったのは前回の小欄でも紹介させてもらったが、街を歩いて感じたことは、美しいということだった。印象的だったのは、ガムバスターと書かれた車が止まっていたこと。ポイ捨てされたガムを除去するチームで、実際に作業しているところを目の当たりにはできなかったが、確かに歩道にガムが吐き出されて黒いしみになっていることは少なかった。きれいな街はそれだけで観光客をもてなす。まちぐるみで環境整備に取り組む、ニューヨークが世界でも人気の観光地である理由が少し分かったような気がした。
 日本ではどうだろうか。車が必須アイテムの田舎ではまちを歩くことは少ないが、それでも地面に目をやると黒ずんだガムのかすは至るとこにある。ガムだけではなく、ゴミや空き缶のポイ捨ても同じ。地域資源をウリに観光客や交流人口の増加を掲げる県や各自治体も、まずは足元に目をやることが必要なのかもしれない。まちをきれいにして観光客を心地よく迎え入れたい、そんな気持ちのある人を増やす、それが観光客増加のスタートラインであろう。
 もう一つ大事なことだと感じたのは、安心感を与えるまちであるかどうかということ。ニューヨークは一人で歩いていても危険を感じる雰囲気はまったくなかった。レストランに入り、何を書いているか全く分からないメニューとにらめっこしていると、店員が分かりやすい単語で教えてくれた。人の優しさは、そのまちの印象をいいものにする。観光振興を含めた地域活性化は、観光資源と人を磨いてこそ初めて成り立つものだとあらためて痛感した。人の魅力は地域の魅力でもあると自覚したい。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る