観光はもてなしと安心感

 先日、ニューヨークへ行く機会があったのは前回の小欄でも紹介させてもらったが、街を歩いて感じたことは、美しいということだった。印象的だったのは、ガムバスターと書かれた車が止まっていたこと。ポイ捨てされたガムを除去するチームで、実際に作業しているところを目の当たりにはできなかったが、確かに歩道にガムが吐き出されて黒いしみになっていることは少なかった。きれいな街はそれだけで観光客をもてなす。まちぐるみで環境整備に取り組む、ニューヨークが世界でも人気の観光地である理由が少し分かったような気がした。
 日本ではどうだろうか。車が必須アイテムの田舎ではまちを歩くことは少ないが、それでも地面に目をやると黒ずんだガムのかすは至るとこにある。ガムだけではなく、ゴミや空き缶のポイ捨ても同じ。地域資源をウリに観光客や交流人口の増加を掲げる県や各自治体も、まずは足元に目をやることが必要なのかもしれない。まちをきれいにして観光客を心地よく迎え入れたい、そんな気持ちのある人を増やす、それが観光客増加のスタートラインであろう。
 もう一つ大事なことだと感じたのは、安心感を与えるまちであるかどうかということ。ニューヨークは一人で歩いていても危険を感じる雰囲気はまったくなかった。レストランに入り、何を書いているか全く分からないメニューとにらめっこしていると、店員が分かりやすい単語で教えてくれた。人の優しさは、そのまちの印象をいいものにする。観光振興を含めた地域活性化は、観光資源と人を磨いてこそ初めて成り立つものだとあらためて痛感した。人の魅力は地域の魅力でもあると自覚したい。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る