誰もが陥る可能性はある

 リオデジャネイロ五輪代表候補のバドミントン男子の2選手が違法カジノ店に出入りしていたことが分かり、五輪派遣が見送られた。ともに日本のエースで、21歳の桃田選手は金メダルが有力視されていただけに、ファンや関係者に与えたショックははかりしれない。
 2月には元プロ野球選手の清原和博が覚せい剤所持・使用で逮捕され、その騒ぎが収まる間もなく「またか」のスポーツ界の不祥事。巨人の選手の野球賭博も今回のバカラ賭博も、一連の行為が黙認されていた所属チームの環境に問題がある。
 人は仕事でも趣味でも、欲求が満たされると脳の神経回路にドーパミンという物質が分泌され、快楽を得る。ギャンブルの大当たりの瞬間にはこれが大量に分泌され、店内の音と光、動くキャラクターなどの演出効果によって快感が何倍にも大きくなる。
 作家で精神科医の帚木蓬生さんによると、賭け事も続けていればごくまれに驚くほどの大勝ちがあるが、年間のトータルの損得を考えればマイナスの方が大きい。それに気づいてやめられれば救いはあるが、リーチアクションなど射幸心をあおる巧みな仕掛けによって「自分の技で大当たりを仕留めた」と錯覚させられ、やがて損得勘定のブレーキがきかなくなってしまうのだという。
 かつての大相撲の力士やプロ野球選手の野球賭博も、入門、入団時から周りの先輩が当たり前にやり、師匠や監督も黙認しているとなれば、むしろそれに手を出さない方がおかしい。今回のカジノ通いも問題は個々の選手の資質ではなく、賭博になんら罪悪感を感じないでたらめなチーム環境にあったのではないか。賭博依存症は、だれもが陥る可能性があり、チーム、会社を腐らせる。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る