歯痛の恐ろしさ実感

 ここ一週間、歯痛で悩まされていた。まるで歯茎にナイフでも突き立ててぐりぐりするような激痛で、痛み止めもまともに効かず、夜は眠れない。親知らずの抜歯以来、約20年ぶりにいった歯医者では、とりあえず抗生物質と痛み止めをもらったが、4日ほど経っても治る気配なし。セカンドオピニオンとばかりに別の歯医者にいったところ、とりあえず応急処置で歯茎を切開して膿を出してくれた。そのお陰で痛みはだいぶましになったが、歯茎の炎症の原因が虫歯でもなく、何なのかはっきりしないため、しばらくは通院して様子を見ることになりそうだが、医者がいわく微慢性の症状らしい。
 微慢性というなら今回、歯痛が悪化した理由はいくつか思いつく。何年か前からたまに奥歯の辺りが痛かったり、腫れたりすることがあったが、そのまま放置。しばらく放っておいたり、ビールでも飲んでまぎらわせたりしていると治ったので、安易に大丈夫だろうと思っていた。実は今回もいままでよりちょっと歯痛がひどいと思いながらもビールを飲んだところ、その時はいいが、しばらくすると狂うような痛さ。アルコールで中枢神経が麻痺するため一時的に痛みは収まるが、そのあと血流がよくなって炎症した部分の神経を圧迫するらしい。歯痛の時のアルコールはやはり厳禁である。
 
そしていまさら言うまでもないだろうが、何よりも大切なのは、歯や歯茎に痛みや違和感があったら早めに診てもらうこと。今回は医者嫌いの筆者が招いた自業自得の結果かもしれない。食べ物もろくに食べられず、本当に歯の大切さと歯痛の恐ろしさを実感したきょうころのごろ。皆さんも歯を大切に。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 温かい善意ありがとうございました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM
  2. 第11回印南かえるのフェスティバル

    11月 17 @ 12:00 AM
  3. 日高川フォレスト祭

    11月 17 @ 9:00 AM
  4. NOB ROCK IN 子十浦FES17

    11月 17 @ 10:00 AM - 5:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る