寒川のホタル復活へ幼虫放流

 日高川町寒川地区の住民有志でつくるホタル保存会(山口武会長)は、平成23年の紀伊半島大水害で壊滅状態となったホタルの復活へ、11日に初の幼虫の放流を行う。メンバーらが1年間、飼育小屋の整備などをして育ててきた幼虫。順調に育てば5、6月ごろには再び寒川地内にたくさんのホタルの姿が見られ、同会ではホタル祭りの復活も目指している。
 水害前の寒川地内は5、6月になると数え切れないほどのホタルが飛び交い、観賞地として有名。6月にはホタル祭りを開き、町内外から約2000人の見物客が訪れにぎわっていた。しかし、平成23年9月の台風12号による大水害で壊滅的な被害を受け、以降、年々ホタルは自然に増えているものの数匹から数十匹程度と激減している。
 地元では昨年3月、以前からホタルの保存活動をしていたメンバーを中心にホタル保存会が発足し、町の地域おこし協力隊とともに復活へ活動を始めた。活動はホタルの復活事例がある紀美野町で学ぶことから始め、山からパイプで水を引いたり、ホタル小屋の整備、休耕田を活用しホタルのエサとなるカワニナの養殖場整備などを行ってきた。幼虫は近隣の地域やホタルの保護に力を入れている広川町の津木中学校などから数千匹を譲ってもらい、飼育してきた。
 初の放流となる11日は商店「三尾屋」下を中心に3カ所で行い、地元寒川第一小学校の児童も協力する。数千匹から順調に育った幼虫の数は分からないが、今夏にはたくさんのホタルの姿が見られそうだ。また来年以降も引き続き幼虫の飼育・放流を予定している。同会では今夏にホタル祭りの復活も検討している。

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る