県がイチゴの新品種「紀の香」開発

 県は4日、和歌山産の極早生イチゴ新品種「紀の香(きのか)」の開発に成功したと発表した。糖度は県内で多く作られている「さちのか」「まりひめ」と同等だが、病気に対する耐性は「まりひめ」より強く、収穫開始時期が11月中旬と早いのが特長。すでに品種登録出願申請は終わっており、順調にいけば2年後の平成30年3月に品種登録、翌31年秋には初出荷の見通しとなっている。
 和歌山県のイチゴはほとんどが紀の川市で作られており、日高地方の御坊市や印南町も産地の一つ。品種別の作付面積は約5割が農林水産省の試験場で開発された「さちのか」で、次いで約4割が和歌山県産のブランド品種「まりひめ」となっている。さちのかは果実の品質は高いが、晩生で年内の収量が少ないのがウイークポイント。一方、まりひめは国内トップレベルの果実品質で収量性、市場評価はともに高いものの、葉が枯れたりする炭そ病に弱いという弱点がある。
 今回、県の農業試験場で開発された「紀の香」は、サイズがまりひめより小さく、さちのかより大きく、双方が持つ高い果実品質を継承。収穫スタートは11月中旬と早く、年間収量はまりひめと同等ながら、年内収量はまりひめを上回る。さらに、炭そ病に対してはまりひめより強く、さちのかと同レベルの耐性を持つという。
 農業試験場は生産農家などからの要望を受け、平成24年度から3カ年の農林水産業競争力アップ技術開発事業として、病気に負けないオリジナル品種の開発に着手。炭そ病に強い「かおり野」と「こいのか」など、6パターンの交配により1万近い個体の中から、病気に強く、収穫時期が早く、豊かな香りとさわやかな酸味を持つ新ブランドが誕生した。現在、那賀地方や日高地方など県内6カ所で試験栽培を行っている。
 開発にあたった農業試験場の東卓弥主任研究員(45)は、「香りがすごくよく、味も収量も申し分ありません。まりひめに続く人気ブランドとして、県内の産地形成につなげていきたい」。極早生品種としてクリスマスケーキの生産時期に出荷が間に合うことも、大きな市場セールスポイントになると期待されている。

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る