WTV旗婦人バレー 日高クラブ初優勝

 テレビ和歌山等主催のWTV旗争奪第42回県婦人バレーボール選手権大会は3日、和歌山市の市民体育館で開かれ、日高支部の日高クラブ(日高町)が出場12回目で見事初優勝を飾った。県内各支部の代表8チームがトーナメントで激突。日高クラブは初戦で強豪をフルセットの末に下して勢いに乗ると、準決勝の途中からエースを故障で欠くアクシデントもチーム一丸のバレーで吹き飛ばした。
 日高クラブは初戦でIVYクラブ(西牟婁)を2―1で破り、準決勝は貴志クラブ(和歌山市)、決勝はサンクラブ(海草)をいずれも2―0で退けた。初戦は1セット目を14―21で先取されたあと2セット目以降を21―9、21―18で連取し、逆転勝ち。準決勝の途中からはエース・前田が故障で欠場となる中、貴志クラブを22―20、21―16、サンクラブを21―8、21―8とストレートで下した。
 メンバーは日高高バレー部ОGが中心で、平成25年8月と27年12月の全国大会出場時とほぼ同じ。坂本美紀代監督は「いつも接戦になるIVYクラブに勝てたので、勢いに乗れました」と振り返り、「控えの選手も充実しており、エースがいなくても他のメンバーでカバーできました。気持ちを一つにボールをつなげたので優勝できたと思う。チーム一丸の勝利です」と喜びを口にした。今シーズンについては「5月の近畿選抜出場を目標に頑張っていきます」と一層の飛躍も誓った。
 日高クラブのメンバーは次の皆さん。
 坂本美紀代(監督)、浪有香(副監督)、青貝扶美代(マネジャー)、笹本明子、芝千波、澤田千恵、島西香織、前田りつ子、田中佳子、石方いづみ、初井一二巳、三好加奈、串本美恵、上畑由香、上野山奈津紀

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る