御坊市長選 柏木、二階両氏が公約発表

 5月15日告示、22日投開票の御坊市長選へ向け、一騎打ちが濃厚の現職柏木征夫氏(75)=御坊市薗=と新人の二階俊樹氏(50)=御坊市島=が1日までに、それぞれ公約を発表した。柏木氏は「市民にスポットを当てる」、二階氏は「住民の声に耳を傾ける」と、互いに住民目線の行政運営を強調。子育てや防災対策など具体的な施策を盛り込んでおり、住民に政策を訴えていく。
 1日に記者会見した柏木市長は「しがらみのない堅実で誠実な市政運営」をキャッチフレーズに、「安心して子どもを産み育て、年を重ねることのできる安全なまちづくり」を目指すと力を込めた。人が集いにぎわいが生まれるまち、いきいきと笑顔で暮らせるまち、安全で安心できるまち、オール御坊のまちづくり――の4項目を柱に、人口減少に歯止めをかけ、きめ細かな介護予防や健康づくりを推進し、災害に強く住民がアイデアやパワーを発揮できる仕組みづくりを進めていくとしている。
 具体的には35の項目を掲げ、子ども医療費無料化の対象年齢を拡大、小中学校の教室に冷暖房設置、日高港のポートセールス、地域見守りネットワークの構築、地域別の避難マニュアルの策定支援や防災訓練で幼児から大人まで防災意識を高める取り組みの推進を明記。これまで徹底してきた行財政改革については今後もさらに進め、市民サービスの低下を招かないよう効率的な運営をするとし、「重ねてきた実績や経験を生かしながら行財政改革の手を緩めず、信条としている『ぶれない、偏らない、いばらない』のもと、市民の期待と信頼に応えられるよう身を賭して頑張る」とアピールした。
 二階氏は「元気あふれる御坊市」をキャッチフレーズに「人、雇用、優しさ、防災」が4本柱。人口減少を食い止めて人口増加への挑戦、新たに誘致する産業だけでなく既存の産業を大切にして雇用や豊かさのアップ、お年寄り、障害者、子どもを大切にして互いに感謝し励まし合う優しいまちづくり、地震津波・風水害などから市民の命を守りソフト的な防災力強化で強い御坊市を目指す。
 具体的な施策として、子ども医療費の無料化年齢引き上げなど他市町に負けない政策の充実、各施策実現には市民の共感と理解が必要との観点から町内会単位のミニ対話集会の開催などを掲げる。また、防災コーディネーターとしての経験を生かし、防災以外でも組織と組織をつなぐ調整役となって強い御坊市の実現、御坊市単体ではなく周辺市町村や県内外の自治体との連携、県や国の交付金を活用した効率的な財政運営などを盛り込んだ。「子どもを大切にするまちを内外にアピールして若者を招き入れ、人口減対策、経済発展、福祉の充実に全力投球する。若さの二階だからできることとしてこれまで以上に現場主義を実践し、貴重な声をいただき行政に反映していきたい」と力を込めている。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る