日高高校 県内初のSGH指定

 文部科学省が、将来国際的に活躍できるグローバルリーダー育成を目指して研究開発を行う高校等を指定する平成28年度「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」に、県内で初めて日高高校が選ばれた。アジア高校生フォーラム、OECDイノベーションスクールなどの取り組みが評価され、全国の名門校の中に名を連ねた。28年度から5年間、「文化」「移民」「産業」「防災」の4つをテーマに、深く学んで世界への発信を目指す。
 グローバル化が加速する中、社会課題に対する関心と教養、コミュニケーション能力、問題解決能力などを身に付け、将来国際的に活躍できるグローバルリーダーを高等教育段階から育成しようと26年度から実施。指定期間は5年間で、約1000万円の予算が割り当てられる。26年度は56校、27年度も56校を指定。指定を受けている学校は東京のお茶の水女子大附属や大阪の北野、三国丘、京都の堀川などの名門が多数含まれている。
 本年度は114校の公募の中から国立1校、公立8校、私立2校を選定。昨年に続き2回目の応募になる日高高校は、平成26年10月の創立100周年記念アジア高校生フォーラムの主催、15年後の地域課題解決を目指すOECD地方創生イノベーションスクール2030への参加、普段からのデンマークや中国との交流、地域の1600人が参加する合同避難訓練の実施などが評価され、選ばれた。
 指定を受けた学校は各校の特色を生かした構想を示しており、日高高の構想名は「翔べ 日高から 世界へ 地方創生するグローバルリーダーの育成」。具体的には道成寺や日高別院などの「文化」、アメリカ村の「移民」、日高から世界で活躍している企業などの「産業」、稲むらの火などの「防災」を4テーマに取り組む。
 生徒は基本的に全員が参加。1年目は総合学習の時間を活用し週に1時間設け、全員が4つのテーマを学習。2年目は4つのテーマから1つを選んで週に2時間学び、3年目で学んだ内容の英語化などを行い、英語でのプレゼンを目指す。また日高の企業が進出しているアジアや移民を学ぶカナダなどへの訪問学習も計画している。
 上田校長は「指定を受けたことで、日高高校がこれまで取り組んできたことが間違いでないと証明された。4つのテーマに生徒全員が地域と密着して取り組み、日高をよく知り愛し、世界に発信していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る