紀州日高漁協 由良水産加工処理施設完成

 紀州日高漁業協同組合(松村德夫組合長)の由良町衣奈漁港内、水産加工処理施設改修工事が完成し、稼働を開始した。特産ワカメを使ったつくだ煮の衣奈そだちや塩蔵ワカメ、イワシの生アンチョビを製造している施設で、内装や生産ラインを修繕。これを機に新産品の開発なども進め、施設全体の生産量は、平成30年度までに現行の3割アップを目標に掲げた。
 同施設は、鉄骨造り2階建ての面積318平方㍍。町が昭和61年に建設したが、建屋や加工設備などの耐用年数が経過して改修の必要が出ており、今回の改修に際して、町は同組合に施設を無償譲渡した。工事では内装や製造ラインのやり替えを行った。また、これまで同じ部屋で作業を行っていた衣奈そだちと生アンチョビ生産の部屋を分けるなどで衛生管理の徹底も図った。
 組合によると、生産しているのは、塩蔵ワカメ(年間500㌔)、衣奈そだち(真空パックと瓶詰めで各600㌔)のほか、イワシを使った生アンチョビなどもあり、今後増産を目指していく。特に塩蔵ワカメについては、組合員が個々の設備で生産していたが、設備の管理、維持が大きな負担となるため、改修を機に施設の製造ラインを使用。ただ、高齢化や後継者不足、重労働などで塩蔵ワカメの生産者は4、5軒になっており、将来的には組合自体で生産していくことも視野に入れている。
 また、今後、地元産の魚介を使った新産品の開発も進める。戸津井沖などに群生する天然の海藻の一種「アカモク」の加工場所としても考えている。
 改修の事業費は1600万円で、うち1100万円を町が補助した。

関連記事

フォトニュース

  1. 事件には誠実かつ真摯に

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る