二階代議士が国連副事務総長と会談

 「11月5日世界津波の日」が昨年12月に国連総会で採択されたことを受け、27日からアメリカ・ニューヨークを訪問中の自民党総務会長の二階俊博代議士(77)は現地時間28日午後、国連本部でヤン・エリアソン国連副事務総長と会談。国際デー制定への感謝を述べるとともに、被災者を一人でも少なくするため日本、国連、国連防災国際戦略事務局のジュネーブが連携して防災に取り組んでいくことで意見が一致し、がっちり握手をかわした。
 会談は国連本部38階の副事務総長室で行われ、エリアソン氏は「ニューヨークにようこそ。お会いできてうれしいです」と笑顔で迎え、二階氏も津波に関する本をプレゼントして固い握手を交わした。
 取材は代表冒頭撮影のみで、約40分間の意見交換後に二階氏が会見。世界津波の日が142カ国の支持を受けて採択されたことに感謝を伝えた上で、「日本が提案した世界津波の日について、国連が真正面から受け止めてくれているとの手応えが感じられる会談だった」と成果を強調。エリアソン氏は東日本大震災の被災地を視察した経験があり「予防や減災対策がいかに重要かを認識しておられる。これからは日本と国連本部のあるニューヨークだけでなく、国連国際防災戦略事務局『UNISDR』の本部があるジュネーブとも連携していく必要があるとアドバイスをいただいた」とし、「これからジュネーブにも協力してもらえるよう働きかけていきたい」と津波防災の輪をさらに広げていく意欲をあらためて示した。国連も日本に対して大きな期待を寄せているとし、「自然災害の被災者を一人でも少なくしていくために日本と国連が連携していくことを互いに確認できた。これから何をしていくのか、第二幕が重要で、明日(29日のレセプション)しっかり提案していきたい。日本が世界の防災の先頭に立っていく気概で取り組んでいきたい」とニューヨークの地で決意を新たにした。
 このあと、国連日本政府代表部特命全権大使の吉川元偉氏の公邸で夕食会が開かれ、二階氏と旧知の仲であるアンヘル・グリアOECD(経済協力開発機構)事務総長とも会談するなど精力的に活動した。

関連記事

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る