日高新報杯サッカー Aクラスは美浜が優勝

 日高サッカー協会主催、本紙協賛の第20回日高新報杯少年サッカー大会のAクラス(U―12)が26日、御坊総合運動公園多目的グラウンドで開催された。日高ブロック(日高・有田地方)の12チームがトーナメントで争い、美浜が第12回大会以来8年ぶり5度目の優勝を飾った。美浜は3試合で12得点、失点0と攻守で他を圧倒した。準優勝は由良、3位は藤並が入賞した。
 肌寒さの残る一日だったが、選手たちは熱いプレーで会場を沸かせ、応援の保護者も1プレーごとに大歓声を上げて盛り上げた。
 美浜は1回戦で強豪のFCブラストを2―0で退けると、準決勝は藤並を6―0で圧倒した。決勝は由良と対戦。開始2分、FW小澤選手が中央突破からシュートを決めて先制すると、9分にはMF松本が華麗なミドルシュートをゴールに突き刺して2―0で前半を折り返し。後半もボール支配率で上回る美浜が優位に進め、10分には左サイドを切り崩し最後はFW東が技ありのゴール。終了間際にも中盤でインターセプトしFW小澤が2点目のゴールでダメ押し。粘る由良を振り切り4―0で栄冠を手にした。山下明美監督は「6年生最後の大会でいいゲームができた。優勝できていい卒業記念になった」と選手をたたえていた。
 由良も後半にゴールチャンスをつくるなど見せ場はあったが、決めきれなかった。神田歳治監督は「3人の6年生がチームを引っ張り、決勝まで残ってくれていい思い出になった」と喜んでいた。3位は藤並が吉備アトラスとの決定戦を2―1で制して入賞した。優勝、準優勝チームのメンバーは次の皆さん。
 
美浜=山下明美(監督)、中村悠星、松本知集、岡直哉、森圭佑、小澤卓也、大橋信功、東紋秀、中瀬勇飛、田渕蒼大、知原天真、夏目和明、出口健太、出口康太、林勇志、井上幸貴、上杉翔真、松尾青空▽由良=神田歳治(監督)、伊藤陽翔、片岡拓己、洲﨑一誠、大尻篤史、川口大翔、曽根一貴、松本隆義、向井啓悟、山野夏帆、片岡颯人、西丈太郎

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る